日本最高企業ロビー、企業に賃金引き上げを促す

Estimated read time 1 min read

物価上昇率に最も脆弱な階層は、青年労働者、子供のいる労働者、非正規職などと把握された。

日本最大のビジネスロビーであるケイダンレン(Keidanren)が会員会社に来年春の賃金引き上げを促して物価上昇を相殺したと報じた。 日経。

キーダンレンは、日本最大の企業を含むメンバーに価格の動向を考慮し、「賃金引き上げの勢いを維持し強化するための未来志向の措置を講じる」よう促した。

物価上昇率に最も脆弱な階層は、青年労働者、子供のいる労働者、非正規職などと把握された。 ドラフトはまた、生計費手当や特別ボーナスの提供を含む月給の引き上げに加えて、企業が取ることができる代替案を強調しました。

Keidanrenは、11月7日に会社の来年春の賃金交渉を案内する勧告草案を公開する予定です。 最終ガイドラインは1月に発表される予定です。 日本労働組合総連盟として知られる日本の代表的な労働団体であるレンゴは、28年ぶりに最大の要求である約5%の賃金引き上げを要求します。

読む: 日本、9月雇用可能性9ヶ月連続改善

政府は企業に賃金を3%引き上げるように圧迫した。 岸田文夫首相は先週記者たちに「インフレに補助を合わせる給与引き上げが最優先課題にならなければならない」と話した。

READ  ミャンマーに対する日本のアプローチ:外交リーダーシップや日常的なビジネス?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours