日本月着陸船、「電力降下シーケンス」開始:宇宙局

Estimated read time 1 min read

日本の「ムーンスナイパー」着陸船が土曜日早朝月面に向けて「電力降下シーケンス」を開始したと宇宙局JAXAが明らかにした。

森オサムJAXA宇宙天文研究所教授は「20分間の恐怖」の間、探査船は旅客機より約7倍速い毎秒約1,700メートル(5,575フィート)の速度で下降するように設定されたと述べた。

nf-stu/sn

日本の「ムーンスナイパー」着陸船が土曜日早朝月面に向けて「電力降下シーケンス」を開始したと宇宙局JAXAが明らかにした。

森オサムJAXA宇宙天文研究所教授は「20分間の恐怖」の間、探査船は旅客機より約7倍速い毎秒約1,700メートル(5,575フィート)の速度で下降するように設定されたと述べた。

nf-stu/sn

READ  10月まで日本の運命を学ぶことを望むMGMリゾート
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours