日本東田、超大型浮遊式風力タービンの研究強化

Estimated read time 1 min read

東京 – 日本の総合建設会社である東田と大阪大学が、従来より約3倍大きい浮遊式海上風力発電プラットフォームのための実用的なアプリケーションの共同研究を開始すると発表した。

パートナーは、12〜15メガワットの出力の世界最大の浮遊式風力タービンを支持する構造を開発し、2025年に実験を開始することを目指しています。 Todaは2023年大阪大学と基礎技術に関する共同研究を開始し、早ければ2024年までMW級実証ユニット。 同社は、大学との提携が日本で遅く離陸する海上風力発電への転換点になると期待しています。

READ  日本のパラリンピック、東京の他のゲームでメダル勢い持続
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours