トップニュース

日本林、リバプールG-7ディナーでピアノで「イマジン」を演奏

林正正(Yoshimasa Hayashi)日本の外務大臣は、土曜日、イギリスのリバプールで開かれたG7長官級会談晩餐会でジョン・レノン(John Lennon)の「Imagine」を即座にピアノ演奏で演奏した。

伝説的なロックバンドの故郷リバプールにある「ビートルズストーリー」博物館で撮ったプール写真には、林が白いピアノの前に座っている間、G-7国家と韓国を含むゲスト国家の長官たちが笑って手打ちをする姿が込められた。 。

林吉正日本外務相がビートルズの故郷リバプールで開かれたG-7外務長官会談でジョン・レノンのピアノ複製品として「Imagine」を演奏した後、G-7外務長官たちに拍手を受けている。 、2021年12月11日イギリスリバプールで。 (ゲッティ/刑務所)


関連する適用範囲:

日本、オーストラリア、中国とクワッド協力強化の約束

日本、展示問題韓国に「適切な対応」を促す

日本、米国、中国に対抗するために同盟能力強化の約束


林はオンラインで記者たちに「ピアノがあったが、「誰でも座って演奏できる」として、その場で「Imagine」を演奏した」と話した。

音楽愛好家として知られるHayashiは、他の議員と結成されたバンドでギターとキーボードの演奏を楽しんでいます。

2日間の外交長官会議が土曜日に始まりました。 G-7外務大臣はまた、オーストラリア、インド、ミャンマーを除く東南アジア国家連合(ASEAN)で招待された外交長官と共に拡大セッションに参加し、一部はオンラインで出席した。

READ  3サイズで確定かな? iPhone 12のガラスフィルムが小売店にある| ギズモ・ジャパン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close