日本株は北米投資家から「多くの関心」を受けているとBOFAが明らかにしました By Investing.com

Estimated read time 1 min read
©ロイター

Investing.com – BOFAアナリストは、最近の報告書では、北米の投資家が日本の株式市場に投資する余地がまだ多いことを明らかにしました。にあると述べた。

BOFAは米国とカナダの投資家との出会いを引用し、いくつかのアジア投資家が国家経済見通しのパラダイム変化の中で中国から日本に資本を移転している一方、米国とカナダの投資家のうち少数だけが日本に過度な立場を持っていると言いました。

NA投資家は強い反騰以来、日本投資を検討しています。

しかし、ますます多くの北米投資家が日本に多くの資本を割り当てることに関心を表明し、過去1年間に日本の株式が急落して以来、FOMO(行方不明に対する恐怖)要素も作用しているとBOFAは語った。

日本の指数は2023年にほぼ30%上昇し、最高の成果を出した主要株式指数の一つであり、2024年これまで一連の最高値を更新しました。 指数の強さは、強力な企業収益、重工業技術、チップ製造ばく露が混在していた。 人工知能ブーム、他の主要なグローバル中央銀行とは対照的に非常に鳩の日本銀行に至るまで。

日本への資金流入は、経済状況が悪化する中、中国から投資家が抜け出して、経済見通しが比較的良く見える日本に抜け出したことによるものです。

日本銀行はリスクを枢動したが…。

BOFAアナリストは、3月に銀行会議で広く予想されているBOJのピボットが、日本の株式見通しにいくつかのリスクをもたらしたと述べた。 BOJのこれらの措置による円の急速な評価節減もリスクをもたらした。

しかし、BOFAアナリストは、中央銀行が緊縮政策において保守的な立場を維持する可能性が高く、少なくとも今後2年間は比較的緩い政策を維持すると指摘しました。

「BOJは徐々に金利を引き上げる可能性が高く、市場は今後2年間の金利引き上げを最大0.5%と予想しています(私たちは政策金利を来年0.5%引き上げると予想しています)。 コアCPIが2%であれば、実質政策金利は今後2年間で-1.5%にとどまるでしょう。」

日本需要中心株、製造業を見る

BOFAアナリストらは、日本が賃金上昇とインフレ時代に入るにつれて、現地株式への投資家の好みが潜在的に小売業者、サービスプロバイダー、ITサービス、ある程度不動産市場や保険会社を含む国内需要中心株に拡大することができると言いました。 。

特に、中国と米国がサプライチェーンの再構築を開始するにつれて、日本のメーカーもグローバル製造サイクルの回復によって利益を得ることができます。

過去1年間、日本株に比重を置いた投資家は主に銀行、貿易会社、自動車メーカー、半導体企業に集中した。

READ  日本、GDPの上限1%突破直前防衛費支出
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours