日本桃田、マレーシア決定戦でアクセルセンに完敗

1 min read

日本の桃田ケント(Kento Momota)は、日曜日のマレーシアオープン決勝戦で世界ランキング1位のビクトル・アクセルセン(Viktor Axelsen)を破り、大敗を打ちました。

このトーナメントは、Momotaが2年前にマレーシアで交通事故を受けて自由落下した後、初めてマレーシアでプレーしました。

現オリンピックチャンピオンのデンマークのAxelsenは、最初から最後まで日本のスターを抜いて21-4、21-7で勝利するのにわずか34分かかりました。

桃太は、巨大な技量の疾走の末に今年初の決勝戦を行った後、クアラルンプールのスタジアムに到着したときに熱狂的な歓迎を受けました。

しかし、Axelsenはすぐにコントロールを掌握し、一連の爆発的なスマッシュでスコアを獲得した一方的なゲームでした。

最初のゲームはすぐに終了し、2番目のAxelsenはMomotaが多くのミスを犯すために高いテンポを維持しました。

試合後、世界ランキング2位の桃太はアクセルセンの「レベルが思ったより高かった」と話した。

「今大会で私は良くなっていると思っていましたが、今日はちょっと過ごしました」

27歳の選手は「だが今回の大会で大きな決勝戦をした経験を使うだろう」と付け加えた。

アクセルセンは、自分がうまくやっていることに驚いたと言った。

「今日は私のレベルに驚きました。特に私のゲームで爆発的な能力を発見したことに驚きました」と彼は言いました。

大変な試合を予想したが、また別のメジャー決勝戦で桃太をすることができてよかった」と話した。

Axelsenのシーズンで5回目の優勝を記録しました。 Daneはすでに全英、ヨーロッパ選手権大会、インドネシア大会で2回優勝しています。

READ  ヤンキースはローテーション強化のため日本スター投手に関心を持っている
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours