スポーツ

日本桜島火山爆発で避難ニュース、スポーツ、採用情報

この長露出画像は、日本南部の鹿児島県大水市での2022年7月24日日曜日の夜、桜島火山の噴火を示しています。 日本の気象庁は、日本南部の九州島で日曜日の夜、火山が爆発して火山灰と火山岩を吹き飛ばしたが、近くの村に即時の被害や負傷者は報告されなかったと明らかにした。 (APによる刑務所ニュース)

東京(AP) — 日曜日の夜、日本南部の九州島の火山が爆発し、火山灰と岩石を吹き飛ばしました。 近くの村で即時の被害やけが申告はなかったが、住民に避難が勧告された。

日本気象庁はこの日午後8時5分ごろ、桜島火山が爆発し、南から2.5km離れた鹿児島県の大きな岩を吹き飛ばしてしまったと明らかにした。

日本のNHK公営テレビの映像にはクレーター付近でオレンジ色の炎が点滅し、山頂から夜空に吹き出る黒灰の煙が見えた。

「国民の命を最優先にして状況把握及び緊急対応に最善を尽くすこと」 磯崎吉彦官房長官が記者たちに言いました。 彼は地元の人々に彼らの命を守るために、地方当局の最新の更新に細心の注意を払うように促しました。

機関は噴火警報を最高段階の5段階に格上げし、火山に直面した2つの村に居住する約120人の住民に家を出るよう勧告を受けたと明らかにしました。

機関は、クレーターから3km(1.8マイル)以内の地域で火山岩が落ち、2km(1.2マイル)以内で溶岩、火山灰、燃えるガスの流れが発生する可能性があると警告しました。

東京から南西に約1,000km(600マイル)離れた桜島は、日本で最も活動的な火山の一つであり、繰り返し噴火しました。 もともとは島でしたが、1914年火山爆発で半島になりました。

受信トレイからの今日の速報など



READ  日本戦の外交官岸田、当得票で新任首相就任| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close