トップニュース

日本検察、役員メディアにオリンピック後援金支給調査

2020年12月16日日本東京にある日本小売業者Aoki Holdings店の一般ビュー。 REUTERS/Issei Kato

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、7月20日(ロイター) – 東京検察がオリンピックの後援会社である衣料品小売業者青木ホールディングス(AOKI Holdings)が2020東京オリンピック組織委員会前取締役が運営する会社に支払ったお金を調査していると日本メディアが水曜日報道した。

読売日刊紙は、2017年から2021年まで、高橋春雪が運営する会社に最低4,500万円(32万5,544ドル)を支給することが、公務員が職位に関して金品を受領することを禁止する法律に違反したか否かを調査していると明らかにしました。

組織委員会の取締役は竣工役員とみなされた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ロイターは元広告代理店Dentsu Inc.の役員である高橋の連絡先の詳細を確認できませんでした。

しかし、高橋氏は、日経ビジネスデイリーによると、同社はAOKIにスポーツ関連のコンサルティングを提供した対価として手数料を受け取ったと述べた。 彼は、取締役会の一員として、公式ライセンス製品の販売を含む、誰の財政的利益に関連する問題に関与していないと彼は新聞に言った。

東京地検は個別事件についてコメントしないと明らかにした。

AOKIは、メディアの報道は会社が発表した内容に基づいていないと述べ、それ以上の言及を拒否しました。

AOKIは東京オリンピックの「公式サポーター」として審判のユニフォームを提供し、オリンピックエンブレムのあるジャケットなどライセンス製品を販売した。

2020年3月、ロイターは高橋が非公開活動で東京オリンピック誘致委員会から2013年と2014年に800万ドル以上を受けたと報じた。 当時、彼はロイターとのインタビューで、自身の業務が国際オリンピック委員会(IOC)委員にロビーをすることが含まれていると述べた。

2020年後半、トーマスバッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長は、支払いがIOC規制に違反しなかったと述べた。 ($1=138.23円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Kiyoshi Takenakaの報告。 ニールプーリック編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  フジ新人徳川アナと渡辺アナ「アラーム」レギュラー - 女子アナ:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close