日本機関、ベトナムのグリーン成長を強化するために協力を強化

1 min read
中島武雄日本貿易振興機構(JETRO)ハノイ代表。 — VNS 写真 Ly Ly Cao

ハノイ – ベトナムと日本は、長い協力の後、貿易と投資で顕著な発展を遂げました。 両国修交50周年を記念して、 ベトナムニュース 日本貿易振興機構(JETRO)ハノイの中島武雄(Takeo Nakajima)代表と話し合い、グローバルグリーン成長の傾向に合わせて、将来の発展についてより深い洞察力を得ました。

過去50年間、特に経済分野での日本-ベトナム関係の発展についてどう思いますか?

両国は1973年に修交を樹立(または再開)した。 しかし、戦後のベトナムの混乱の状況により、経済とビジネスの関係は実質的になされなかった。

日本企業は1995年頃ベトナムに投資し始めたが、これは1990年代半ばに米国が経済制裁を解除した後、最初の投資ブームだった。 しかし、1997年に始まったアジアの為替危機により、ASEANの勢力が弱まり、日本の投資が生産中心地として急浮上した中国に移動することになった。

2006年にベトナムがWTOに加入し、その優秀性が浮き彫りになり、日本のベトナム投資波が触発され、これは第2次投資ブームだった。 しかもリーマンショックと金融危機以後、2012年以降ベトナムへの投資がさらに加速され多様化し、第3次投資ブームが起きた。

日本は現在、投資価値面で3位、プロジェクト数面で2位、投資実行面で1位を占めています。

ほとんどの日本の投資は、両国経済関係の初期段階で製造・輸出部門で行われた。 以来、より多くの非製造企業が小売、貿易、ホテル、プロフェッショナルサービス、IT業界で事業を開始しました。

一方、ベトナムIT企業の日本市場進出は、ベトナム事業の成果と能力が大きく成長したことを示している。 FPT、CMC、Rikkei、その他のIT企業は、日本のエンジニアの欠如を利用して、過去10年間に日本で事業を開始しました。

ベトナム企業が成長するにつれて、日本企業は国内市場を目指し始めました。

二人の商品取引は10年ぶりに倍増した。 日本の場合、ベトナムは全世界で9番目に大きい貿易相手国であり、ASEANでは2番目だ。 ベトナムの場合、日本は4番目に大きい貿易相手国である。

ベトナムは日本が部品・資材を自国に輸出して組み立てた後、最終製品を日本に再輸出するサプライチェーンネットワーク統合に欠かせない国だ。 我々は、より多くの日本企業が付加価値プロセスをベトナムに移転することを目撃している。

多くの日本企業がベトナムに投資している状況で、これらの投資の効果をどのように評価しますか? 日本企業が投資することを望む潜在的な将来の投資分野を含め、ベトナムの投資環境に関する洞察を提供してください。

昨年のJETROの調査によると、ベトナムにある日本企業の60%が収益性があり、コロナ19大流行期間中に急な回復傾向を見せており、同じ割合がここで事業を拡大する計画で、ASEAN内の日本企業の中で最も高い。

調査結果によると、ベトナムは日本企業に米国に続いて2番目に好むFDI対象国だった。 ベトナムは6年連続2位を占めて印象的だ。

今後の投資のために首都圏から郊外の都市に資本を移転する計画です。

また、コストの増加により、人的資源、リーダーシップ、調達の観点からローカライズがさらに深刻化する可能性があります。 そしてそれはすでに起こっています。 日本企業は、より多くを調達するために中国やタイから輸入するのではなく、ベトナムのパートナーシップを見つけようとしています。

また、日本企業がアップストリームとダウンストリームの拡大を目指している中で、コストの増加に対応するため、製造にさらに価値を追加することに投資します。 アップストリーム活動には品目調達および生産が含まれ、ダウンストリーム活動にはマーケティング、配送、またはその他のサービスが含まれます。

日本は、コスト削減と配送時間の短縮のために製造機能を中国や日本からベトナムに移転する傾向を含め、サプライチェーンをさらに統合しようとしている。

ITとデジタルがベトナムの強みであるだけに、私たちはデジタル変革にも重点を置いている。

また、これに支えられてスタートアップへの投資は日本投資家の間で新たなトレンドとなりました。 ベトナムのスタートアップに関心を持っている日本企業が多く、電子商取引、ヘルスケア、ゲーム、物流分野の良い企業も多い。

支援生態系はまだ不十分だが、日本企業の投資とコラボレーション要請が続いている。

エネルギー、交通、医療、教育、金融など社会的問題を解決することも重要な投資空間だ。 現在、ベトナムが解決すべき社会的問題が多く、日本はすでにエネルギー不足、交通渋滞などの問題を経験しているため、私たちの経験をベトナム政府と共有することができます。

最後に、消費者市場が目標です。 成長している中流階級と豊かな人々に出会い、サービスを提供するために、日本企業は市場で機会を捉えるためにより多くの投資をしてきました。

過去5年間、ベトナムの家具のエアコン、洗濯機、冷蔵庫の保有率が増加しました。 彼らは食べ物、教育、観光、医療、娯楽にお金を使います。 日本食、家庭用品、幼児用品、美容用品、加工食品など市場進出の機会が増える見通しだ。

両国政府は、グリーン成長のための協力を強化することに合意しました。 両国企業間の協力事業と協力計画について詳しく説明しますか?

ベトナムの温室効果ガス(GHG)とCO2排出量は過去20年間に増加しました。 そして今、国の温室効果ガスとCO2の比率は、20年前には10%に過ぎなかったASEANで15%以上に達しました。 毎年、ベトナムは他の国よりも多くの温室効果ガスとCO2を排出しています。

したがって、ベトナムの脆弱な法的枠組みと脆弱な法執行をアップグレードすると同時に、環境保護、省エネ、再生可能エネルギー(RE)などの改善の余地が多い。

日本はベトナムの発展を助けることができます。 私たちの企業は、LED照明、建物管理、エアコン、LNG to Power、ハイテク農業など、エネルギー効率と保存の分野で優れた製品とサービスを持っているからです。 あるいは、廃水処理分野の丸紅、リサイクル分野のトヨタ津州、福永エンジニアリング、GHG排出報告システムの長瀬を含む環境保護分野の企業です。

ベトナムはまた、バイオマス、水、太陽光、風力などの再生可能エネルギーを必要とし、EREX、JFE Engineering、Toyota Tsushoを含む多くの日本企業がこの分野で働いています。

さらに、JICAや他の日本政府機関は、ベトナムが汚染や破壊を防ぐための透明な法的枠組みを作成するのを助けています。

ベトナムは多くの法的枠組みを導入していますが、これらの方針を企業に統合して実装するのに問題があります。

JETROはグリーンビジネスを含むデジタル転換パイロット事業を支援するアジアDX補助金事業の幹事だ。 日本政府は12のプロジェクトに財政的支援をしています。 そして現在、ベトナムでは約10のプロジェクトが進行中であり、その一部は自動化または輸送車両の汚染と排出を減らすためにデジタルを使用しています。

したがって、環境にやさしいプロジェクトはアジアDXの重要な柱の1つです。

また、サプライチェーン多角化プロジェクトの幹事でもあります。 私たちは、サプライチェーンの強化のために日本とベトナムが協力する特定のプロジェクトに財政支援を提供します。 いくつかの興味深いプロジェクトは、環境保護、効率性、保存を目指しています。

グリーンビジネス分野のビジネスマッチングとトレードフェアも私たちの活動です。 私たちのオフィスでは、時々日本の環境にやさしい製品ショーケースを開き、多くのベトナムのバイヤーや政府機関を招待して製品を見ていきます。 – VNS

READ  「MステウルトラSUPERLIVE "歌唱曲発表の嵐SPメドレー| ORICON NEWS
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours