トップニュース

日本民事訴訟法の改正:裁判所の手続きの完全なデジタル化に向けてホワイト&ケースLLP

2022年5月25日民事訴訟法改正(「CCP」)1 日本で制定された。2 近年、時代に遅れていると指摘された日本でデジタル化された民事裁判所手続の完全な実装を達成するために重要な制度的変化を導入します。 改正された中国共産党は、公布日から4年を超えない範囲内で政令で定める日付まで段階的に施行する。

民事訴訟手続きのデジタル化に関する公式な議論は、政府の「未来投資戦略、2017」以降の本格化サム 「裁判所手続のデジタル化」を考慮すべき問題として特定した。4 具体的には、ワーキンググループは、(1)e-Filing、(2)e-Court、(3)e-Case Management(以下「3 e」)を実現する観点から進めることが適切であると提案した。 ステップ3で新しい作業を開始します。5

所望の裁判所手続のデジタル化に関するユーザーの視点6

既存の画像/ウェブ会議システム(上の1段階)を積極的に活用するなど、現行の民事手続きでも一部の手続きをデジタル方式で採用することが可能だった。 しかし、民事訴訟手続きの本格的なデジタル化を進めるためには、中共の改正が必要だった。 特に、法定代理人なしで進行する訴訟手続で争点とされる法廷アクセス権(法定代理なしで進行する訴訟手続で争点とみなされる)を侵害しないようにしながらも、迅速かつ効率的な裁判所手続を実施するための議論がなされた。 裁判公表原則(日本憲法第82条)7弁論と証拠調査は必ず口頭とし、口頭で述べたものだけが判断の根拠(すなわち、弁論の原則)と直接性の原則(中国共産党第249条)である。8

以下で詳しく説明するように、デジタル化へのさまざまな変更は今後4年間にわたって実装されます。

1. 改訂のまとめ

1.1 電子提出

  • イファイリング: インターネットを介して訴訟を提起し、報告を提出することができます(CCP 132-10条)。
  • 電子サービス: サービスを受ける人が事前に同意した場合、提供された電子メールアドレスまたは同様の方法でサービスを提供することができます。 上記は、(i)照会、(ii)ダウンロード、または(iii)通知が送信された日から1週間が経過した時点から効力を生じます(CCP 109-2および109-3)。 (i)または(ii)が受取人の帰責事由でない理由で履行できない場合(iii)の期間は考慮されません(CCP第109-3条)。
  • 弁護士の義務: 民事訴訟手続きにインターネットを使用することはオプションです。 これは、多くの人が、義務的なオンライン手順が特定のグループ、特にデジタル技術の経験を持っていない人が司法サービスにアクセスするのに困難をもたらす可能性があると懸念しているからです。 弁護士は電子提出システムを使用しなければなりません(CCP 132-11)。

1.2 電子裁判所

  • 準備手順: 改正前は、相手方が遠隔会議を通じて出席した場合、一当事者が準備手続きのために法廷に出席しなければなりませんでした。 両当事者は、遠隔会議を通じて同時に手続きに参加することができます(中空179条3項)。
  • 口頭主張: さらに、Web会議システムを使用して、一方または両方の当事者が口頭弁論手続きに参加できる新しいシステムが構築されました(中空87条2項)。
  • 合意: これで、リモート会議システムを使用して支払い日に手順を実行することもできます(CCP 89条2項)。
  • 実装方法: 近い将来、遠隔会議システムを使用する具体的な方法は、裁判所規則にさらに規定されます。 CPPを改正する過程で、Web会議システムは裁判所モニターに当事者を表示し、映像と音声による明確なコミュニケーションが維持されなければ「裁判所手続の公表」が満たされることに合意した。9

1.3 電子ケースの管理

  • 記録とアクセス: 裁判所に提出された電子文書は、新しい修正案(中空132-12条および132-13条)に従って裁判所サーバーに記録されます。 その結果、この出版物はサーバーを使用している誰でもアクセスできます(CCP 91-2)。

2. 施行日

神法は原則として精霊で定める日から施行します。 この期間は制定日から4年を超えることはできません(補則第1条)。 その施行は段階的に行われます。 たとえば、次の変更は初期段階で規定されています。

  • 双方遠隔会議による準備手続:制定後1年以内に施行する(補則1条3項)。
  • Web会議による片方または双方の口頭弁論期日施行:制定後2年以内の施行(補則1条4項)。

1 中空の英語翻訳
2 参議院ホームページ(日本語)
サム 未来投資戦略2017(日本語)
4同じ側p。 29
5 裁判所手続などのIT実施の要約(日本語)
6ページに示されている裁判所の手続きに対するデジタル化アプローチを要約した図の英語翻訳。 上記のメモの報告 20.
7 日本憲法の英語翻訳
8 民事訴訟手続等に関するIT研究班報告書(日本語)(59~63ページなど)
9同じ側p。 60

[View source.]
READ  4K対応」Nintendo Switch」新型来年発売するかどうか - ITmedia

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close