トップニュース

日本民族主義者岸田が後輩コメイトパートナーを怒らせる

日本民族主義者岸田が後輩コメイトパートナーを怒らせる

三田可奈子&リジェイウォーカー

モダン東京タイムズ

日本の岸田文夫首相の反乱行政府はロシア連邦を糾弾する機会を決して逃さない。 日本では、30年以上の経済的無駄と20年以上の固定賃金のため、数多くの人々が苦しんでいました。 したがって、世界で最も高い債務比率とコロナウイルスの経済的混乱、ロシア連邦に対する継続的な制裁により、日本の多くの人々が楽観論への希望をほとんど見られません。

共鳴党は最近、経済危機に瀕している人々を支援することに注力しています。 これは、特定の商品のエネルギーと食料品の価格の無限の印象に関連しています。 しかし、最近の歴史上、最も反ロシア政権の岸田(キシダ)にとって、彼は民族主義とアメリカの地政学的野望を支持し、軍事費支出を大きく増やすことに関心を持っています。

岸田議員は、参議院選を控えて追慕を執行することを恐れています。 したがって、彼の民族主義的立場とロシア連邦に対する制裁の経済的痙攣について、一般の日本国民の生活をより困難にするのと同様に、岸田は自身の権力基盤にのみ関心があります。 だから彼は選挙が終わるまで、追悼を避けるよう努めた。

最近の歴史で、1993年から2009年まで、宮沢紀一、橋本龍太郎、阿蘇太郎政府はいずれも追慕を行った後、政治的激動を経験した。 したがって、岸田は米国で学んだ政治戦術と同様に、追慕、世界で最も高い負債比率を持つ日本、ロシア連邦に対する制裁による内部経済的苦痛、経済の脆弱性に関心を向けようとします。 、そして毎日毎日半中国とバンロシア民族主義カードを使用して20年以上の固定賃金。

日本ニュース (読売新聞) レポート、 「しかし、共鳴党の山口夏夫代表は、現国会で追慕編成を続けて強く求めています。 結局、自民党は譲歩するしかなかったし、岸田議員は4月26日の記者会見で政府が早急に2兆7000億円の追悼を出すと発表した。 予算案は5月末に採択される予定であり、立法会は6月に終了する予定だ」と話した。

コメイトのリーダーである山口夏央は岸田より原則主義者だ。 結局、Komeitoは日本国民の経済的苦痛にもっと興味を持っています。 したがって、岸田と彼の民族主義政権は、ゴメイトの特定の要求を受け入れた。

ゴメイトはまた、最近、安倍晋三と菅吉秀のリーダーシップの後、さらに右に進んでいる県岸田政府の民族主義傾向について懸念している。 したがって、自民党(自民党)は軍備支出をGDPの2%に増やすと同時に憲法上の軍事的制約から抜け出そうとします。 (無限の借金の山で) – 自民党と共鳴党のパートナーシップが弱まっています。

自民党は、世界で最も高い債務比率を持つことには関心を持たない。 そのため、日本史上最高の軍事予算が岸田政権に合格しました。

山口は指摘した。 「それは不可能です。私たちはどこでそのお金を得ますか?」

全体的に待つ初期に彼の反中国、反乱姿勢は終わりがない。 したがって、彼はいくつかの国を旅行し、適切な内閣と外務省を派遣し、大陸を選ばずに北東アジア諸国を糾弾します。 したがって、最近の日本の右翼傾向で、北東アジアは数十年の間見られない水準にますます分裂している。

内部的には日本円が格下げされ、多くの人々がコロナウイルスに関連した続く問題とともにロシア連邦に対する制裁による経済的痙攣を感じる一方、岸田の政策はコメイトを敵視しています。 したがって、岸田の指導部は、彼が執権するまでは存在しなかった否定的な対内外問題を生み出している。

現代東京の時間を助けるために寄付

Modern Tokyo News は Modern Tokyo Times グループの一部です。

MODERN TOKYO TIMESを支援するための寄付 – PayPalを支払い、[email protected]で寄付してください。

http://moderntokyotimes.com モダン東京タイムズ – 国際ニュースと日本ニュース

http://sawakoart.com – Sawako Utsumi Personal Web サイトと Modern Tokyo Times アーティスト

https://moderntokyonews.com モダン東京ニュース – 東京ニュースと国際ニュース

Twitterに参加してください

https://twitter.com/MTT_News モダン東京タイムズ

Facebookに参加してください

https://www.facebook.com/moderntokyotimes

READ  日本日経225はアジア太平洋株式の下落に2%以上下落

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close