日本沖縄の米海兵隊員、レイプ未遂事件で女性負傷後逮捕

0 min read

去る5月、沖縄県に居住する20代米海兵が女性をレイプしようと負傷した疑いで逮捕されたと捜査消息筋が金曜日明らかにしたが、現地警察は該当情報を公開しなかった。

今回の暴露に先立ち、日本最南端の島である沖縄県に駐留していた米空軍兵士が12月に16歳未満の少女を拉致し、性暴行した容疑で3月に起訴されたという事実も明らかになり、この地域で反米感情がさらに高まっています。 。

批評家たちは、沖縄が米軍基地誘致において無理な負担を抱いていると言う。 県には第二次世界大戦で日本が敗戦してから約80年が経過した日本国内のほとんどの米軍施設が位置しています。 沖縄は半世紀前にアメリカの支配から日本に戻りました。

現地検察によると、去る5月26日、県で抵抗していた女性を性暴行して負傷を負おうとした容疑でジェイメル・クレイトン(21)を6月17日起訴した。 彼は逃走したが、申告を受けた現警察が逮捕した。 彼は同日、基地から出て行ったと捜査情報筋は伝えた。

東京で日本官房長官の林正正は金曜日に男が起訴されたという事実を認めたが、政府広報担当者は現在進行中の司法手続を理由に詳細についての詳細を明らかにすることを拒否しました。

03:07

「沖縄に米軍基地設置不可避」:日本内の米軍駐屯に対する認識変化

「沖縄米軍基地不可避」:米軍駐屯に対する日本の認識変化

林はこの事件を「非常に残念なこと」と説明しながら、日本外務省次官の高岡政が最近、米軍兵士によって犯されたと推定される一連の性犯罪に関して、日米大使であるラエム・エマヌエルに残念を伝えたと伝えました。 。

沖縄駐留米軍負担緩和担当長官でもある林首相は、定例記者会見で、岡野首相が、エマヌエル首相に同様の事件が再発しないよう徹底した措置を取るよう促したと述べた。

米軍と非軍人が犯した犯罪は、地域住民の継続的な不満の原因となってきました。

1995年、米軍3人が沖縄の12歳女子学生を性暴行した事件は大衆の怒りを呼び起こした。 他の事例としては、2016年に元米軍基地職員が20歳の女性を性暴行して殺害した事件があり、後に終身刑を宣告された。

READ  日本は、米国、ヨーロッパ、防衛機器の規格に一致するようです。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours