技術

日本海外協力GIS技術振興ボランティア

地質学者であり職業である土木記事である日本人ボランティアYuzo Ota氏は、NEMO(National Emergency Management Organization)で災害リスク管理責任者としてボランティアし、Stの災害リスクをより効果的に管理するため、GIS(地理情報システム)技術の統合を推進しています。 ルシア。

Ota氏は、NEMOの従業員にGISシステムの実践教育を提供するワークショップを進めています。 「GISは単純なマッピングツールではなく、データと位置情報との関係を分析できます。 インフラやその他の資産管理にも重要です。 たとえば、ハリケーンが発生して災害が発生した場合、GISシステムがなければダメージを正確に評価することはできません。 これは災害に弱い日本で学んだ教訓であり、被害の規模がわからないと再建を始めることはできず、必要な援助金額に対して国際機関に迅速に対応することはできません。

「これらの技術を使用する能力は、現在までセントルシアの災害対応方法を完全に変えていくでしょう。 参加者は、災害情報を政府と国民にリアルタイムで共有し、公開する方法についての知識を得る。 すべてがGIS技術を備えた適切な数の人々がいる場合は可能です。

大田氏は去る6月から南部キャストレスの災害管理委員会委員を対象に週3日訓練を進めており、これを本見にして他の災害委員会に拡大し、CDEMA(Caribbean Emergency Disaster Management Agency)に次のように報告する予定だ。 St. Luciaのケーススタディ。

READ  Nintendo Direct Mini:パートナーショーケースに表示されているすべて

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close