日本海岸線、地震後820フィート移動

Estimated read time 1 min read

地震前(左)と地震後(右)、新しい海岸地形が現れた能登半島の漁港。
日本地理情報庁/JAXA

  • 日本の能登半島(Noto Peninsula)は、月曜日に発生した地震により、ビーチが新たに露出しました。
  • 地震により海岸に沿って陸地が隆起し、一部の地域では海岸線が最大820フィートまで拡張された。
  • 当時釣りをしていた地域住民たちは、地震が発生したときに海岸線全体が隆起したと言いました。

衛星写真によると、去る1月1日規模7.6の地震が発生したとき、日本の能登半島が揺れてやや拡大しました。

予備衛星分析と現地調査によると、地震により海岸に沿って陸地が隆起(uplift)と呼ばれる過程を経て約4メートル(約13フィート)程度隆起したことがわかりました。

海苔漁港の構造物の側面にある泥は、地震によって地面が隆起した後に水中であった場所を示しています。 新しく露出した海底がプラットフォームの横に見えます。
東京大学地震研究所

これは今、能登半島の様々な場所で海岸沿いに海底が水面上に湧き上がり、新たに露出したビーチを形成したという意味です。

地震後の海岸拡張を示す2023年6月(左)と2024年1月(右)の能登半島西部地域。
日本地理情報庁/JAXA

一部の地域では、地震により海岸線が250メートル、つまり約820フィートまで拡張されたとします。 氏名 東京大学出身。 これは、アメリカンフットボールスタジアムの2.2個の長さです。

半島湾で釣りをしている現地人たちは「爆発当時、海岸線全体が隆起した」と報告しました。 地震Googleが日本語から英語に翻訳した結果によると、湾の隆起は地震と同時に発生し、湾の津波は隆起した港まで到達しなかったということだ」と大学側は明らかにした。

海賊漁港東側、地震により海岸線が前方に移動した地域を地震発生二日後に撮影した様子です。
東京大学地震研究所

日本地理情報庁 公開済み 能登半島の予備衛星解析 2023年6月の衛星画像と地震発生後の数日間の画像を比較して、機関は新しい海岸線が現れたいくつかの地域を特定しました。

大学は海岸沿いの調査が進行中だと述べた。

READ  Amazonプライムデー、Nintendo Switch販売開始します。 「あっては森本体セット」Switch Lite、amiiboカード全種セットも! - ファミ通.com
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours