日本港に座礁したクジラ、科学者たちを戸惑う

Estimated read time 1 min read

先月、大阪港に漂流して死んだクジラが自然に地域博物館の骨格標本になるまで埋葬される予定だ。

クジラがこの地域に孤立したのは今年で3年連続で、事件の原因と処理費用に対する疑問が提起されています。

この動物は長さ約12m、重さ約20トンのオスの香油クジラと推定され、先に1月中旬に堺仙北港で目撃された。

このクジラは以後、大阪湾の様々な場所で発見されたが、日曜日の船長が海岸警備隊にクジラが息を吸わないと報告した。 現在の関係者と専門家は、クジラを確認するために船に乗り、月曜日に飢えて死んだと推定されるクジラが死亡したことを確認しました。

大阪府の管理者は、クジラの専門家がクジラの死の原因を特定するために検死を行い、サンプルを収集し、死んだクジラを近くの産業廃棄物処理団地の1つの区域に埋め込むことを決めたと、現在の環境省の管理である山脇豊広氏は述べています。

テレビ映像には、死んだクジラがクレーンによって慎重に持ち上げられ、埋葬地に運ばれる姿が盛り込まれており、そこで自然に骨格化されるまで数年間地下にとどまります。 以後、関係者はこれを発掘して地域自然博物館に寄贈する予定だ。

座礁の原因は不明です。

山脇さんは、クジラが大阪だけでなく日本全域で目撃されてから消えることが多いと言って、クジラは一般的に暖かい黒潮潮の動きに従うという専門家たちの見解に注目しました。 距離を誤って計算することで、海岸に近すぎる人は足が結ばれる可能性があると科学者たちは考えています。

毎年平均して300件以上のクジラ座礁が日本全域で報告されていますが、その数は毎年変動します。 国立科学博物館クジラ座礁現場によると、2020年には370匹以上の座礁が報告されたが、昨年はその数が116頭に減った。

大阪の事件は、他のほとんどの座礁と同様に、1匹の動物に関連していましたが、時には近くの海岸にいくつかのクジラが座礁したことがわかりました。

専門家は、潮の変動、病気、気候変動など、いくつかの可能な座礁の原因に言及していますが、まだ調査が進行中です。

一部の専門家は、狭い通路を持つ大阪湾の構造のために、失われたクジラは海に戻りにくいかもしれないと指摘しています。

クジラが見つかるとすぐに、現在の管理者はクジラが湾で死んだ場合にどうするべきかを議論し始めました。 彼らは昨年座礁した別の香油クジラであるヨドチャンが現れてから4日後に死亡し、腐敗し始め、8千万円(533,000ドル)以上の公的費用を支出しながら骨痛のある教訓を得ました。 批判を誘発する。

海上埋没費用は2021年に陸地に埋没した別の道案内に支出した金額のほぼ10倍に達した。 吉村広文大阪知事は「今回はコストがはるかに低くなるだろう」と住民たちを安心させた。

READ  その実体を明らかにする衝撃的なデータ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours