技術

日本火山爆発で2つの村避難

東京 – 火山が火山灰と巨大な岩を夜空に吹き飛ばした日本南部九州の二つの村で数十人の人々が避難しました。

日曜日の夜、鹿児島南部の桜島火山から大きな岩が2.5km(1.5マイル)離れたところまで落ちました。 日本のNHK公営テレビの映像では、クレーターの近くでオレンジ色の炎が点滅し、山の頂上で火山灰が高く上がる黒い煙が見られました。

日本気象庁は噴火警報を最高段階の5段階に格上げし、火山に面した2つの村住民51人に家を出るよう勧告した。

鹿児島市によると、月曜日の朝まで、それらのうち33人が家を出て地域の安全な地域にある療養施設に向かった。 NHKは、避難の対象となった他の人が別の場所に避難した可能性があると述べた。

磯崎吉彦官房長官は記者たちに「国民の命を最優先にして状況を把握し、緊急時に対応するために最善を尽くすだろう」と話した。 彼は住民に彼らの命を守るために地方当局の更新に細心の注意を払うように促しました。

現在まで被害や怪我に対する報告はなかった。 火山クレーターは月曜日の朝の悪天候に覆われていました。

JMAは、クレーターから3km(1.8マイル)以内で火山岩が落ちる可能性、および2km(1.2マイル)内で溶岩、火山灰、燃えるガスの流れの可能性について警告しました。

JMA火山監視の責任者である津吉中津氏は、より爆発的な激しい噴火の可能性は低かったが、住民は依然として落ちる岩石、地すべり、そして火砕流に注意しなければならないと述べた。 彼はまた、住民にカーテンを閉め、爆発の力で壊れる可能性のある窓から離れていると助言しました。

九州の主要南島にある桜島は、日本で最も活動的な火山の一つであり、繰り返し噴火しました。 もともとは島でしたが、1914年火山爆発で58人が死亡した後半島になりました。

桜島は東京から南西に約1,000km(600マイル)離れています。

READ  既存のシステムを「今は動いているからだ」と、そのまま放置してはならない理由 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close