スポーツ

日本産ウランをオークリッジに送り降格

テネシー州ノックスビル(WATE) – 世界中で高濃縮ウランを最小限に抑えるための努力の一環として、約50kgの高濃縮ウランが日本から輸出され、米国に戻されました。

8月9日、米国エネルギー省国家核安保庁(NNSA)と日本文部科学省(MEXT)は、京都大学核心会議(Kyoto University Critical Assembly)から高濃縮ウラン(HEU)を撤収すると発表した。 KUCA)。 これはついに2016年の核安全保障会議(Nuclear Security Summit)で約束を果たします。

米国に出荷された後、高濃縮ウランはOak RidgeのY-12国家安全保障団地とサウスカロライナ州のAikenにあるSavannah River Siteに移されました。 これらの施設では、低濃縮ウラン(LEU)にダウンミックスおよび/または廃棄されます。

3年にわたり、NNSA、MEXT、京都大学は、世界中で高濃縮ウランを最小限に抑えるための共同目標の一環として、日本から米国に45kgのウランを移転しました。

除去の努力は主にCOVID-19感染症の間に行われ、以前にいくつかの問題が追加されました。 たとえば、自分で行うことができる重要な作業を完了するために、米国の技術専門家は日本に到着してから4回にわたって14日間隔離されました。

フルビー行政官は「この撤退キャンペーンを完了したのは、米国と日本が享受する緊密な核安全保障関係を示す記念碑的な努力」と話した。 「民間用途での高濃縮ウランの使用を最小限に抑えることで、KUCAなどの施設で燃料が即時核装置を製造するために使用される可能性があるというリスクなしに、必須の訓練と研究ミッションを継続できます。 感染症の制限にもかかわらず、作業を完了したチームに感謝したいと思います。」

DOE/NNSA、MEXT、京都大学は、2023年末までにKUCAがLEU燃料を使用するように切り替えることを願っています。 これにより、今後数年間、日本の学生のための核研究および訓練任務を遂行することができます。

DOE / NNSAの物質管理と最小化事務所は、無機利用可能な核物質の必要性、存在または生産を排除するために世界中で働いています。 今日まで、事務所は閉鎖された108の研究用原子炉および医療用同位元素生産施設に正常に移行または検証されています。

また、約325個の核兵器を配置できる約7,275kgの無機使用可能核物質を除去したり、処分を確認しました。

READ  週末のスポーツの概要

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close