技術

日本産業生産量の急増によりサプライチェーンの圧迫終了の希望

日本産業部門の生産量が2013年以降最大の幅で11月に急増し、日本の自動車部門がついに半導体供給の困難を克服できるという希望を提供しました。

先月、産業生産は10月に比べて7.2%増加し、経済学者の予測を大きく上回った。 アナリストらは、自動車生産が前月比43.1%増加したため、こうした改善を主導したとアナリストらは明らかにした。 アナリストは、他のメーカーが予想よりも早く使い果たされた在庫を再建することを示したと述べた。

岡山証券のアイダタクジ首席エコノミストは、海外部品調達が停滞した反面、日本メーカーを苦しめたサプライチェーン問題が次第に解決されているようだと話した。

経済産業省が発表した月間データは、当該年度の日本の最後の主要経済発表を表します。 11月の印象は、10月の前月より緩やかな1.8%上昇に続きました。

政府はまた、製造業景気が「正体」と評価された製造業部門が「回復の兆しを見せている」とし、産業生産全般に対する評価を上方調整した。

4.8%増加すると予測したゴールドマンサックスのアナリストらは、生産指数が2020年1月にファンデミック以前のレベルのすぐ下に回復したと指摘した。

ゴールドマンサックスのユリコ田中エコノミストは、顧客に送ったメモで「半導体と他の部品供給不足が持続し、月間生産量が変動する可能性があるが、堅実な成長軌道に着実に復帰するようだ」と話した。

投資家はデータに肯定的に反応し、ベンチマークTopixを約1%上昇させ、火曜日の朝2,000選をしばらく上方に突破しました。

しかし、一部では、この数値は、2022年3月に終わる会計年度の最後の四半期に、より継続的な利益を得るための潜在的な先行指標と解釈しましたが、他の人はより慎重でした。

野村証券の三和隆志首席日本エコノミストは「一部メーカーはすでに12月と1月の生産量を下方調整すると発表したため、第4四半期にどのようなことが起こるかについて少し気をつけなければならない」と話した。

Miwaは、1月がOmicronの亜種の拡散によってある程度の下方リスクを引き起こす可能性があると付け加えました。 彼は、「これは生産に悪影響を及ぼし、半導体供給に依存する技術、IT、その他の産業の供給側制約を強化できる」と述べた。

営業秘密

FTは、国際貿易とグローバリゼーションの変化する側面について、必ず読むべき日々の説明会である営業秘密を改正しました。

ここからサインアップ どの国、企業、技術が新しい世界経済を形成しているのか理解しています。

READ  [빠즈도라]いよいよ大型イベント開始! 今週の最新情報! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close