トップニュース

日本産業部長官、「グリーン・トランスフォーメーション」長官役割追加 – スポークスマン

萩宇田光一日本経済産業賞が2022年7月13日、オーストラリアシドニーで開かれたシドニーエネルギーフォーラムで演説している。 REUTERS/Jaimi Joy/Pool/File Photo

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、7月27日(ロイター) – 日本産業賞は萩宇田光一(Hagiuda Koichi) 日本産業賞が2050年まで炭素中立を達成するための日本の約束を導く「グリーン変革(Green Transformation)」長官として追加役割を引き受けたそして水曜日に政府の広報担当者が明らかにした。

木原清二官房長官は「萩宇多長官は、エネルギー資源の安定的な供給と確保が主な原則である中、清浄エネルギーを基盤に、日本経済、社会および産業構造の変化を実現するための行政手続きを管理することが期待される」と言った。 定期記者会見。

政府は水曜日に「グリーン変革」政策計画を担当する委員会の最初の会議を開き、今後10年間の投資ロードマップが議論されるテーマになると木原が記者たちに語った。

去る5月岸田日本首相はロシアのウクライナ侵攻以後エネルギーリスクが高まる状況で代替エネルギー源への国家転換を加速化するために約20兆円(1460億7000万ドル)相当の「緑転換」債権を発行する計画を発表した。 もっと読む

($1 = 136.9200円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

小宮関太郎の報告。 Muralikumar Anantharamanによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本は、感染症にもかかわらず、国会議員の海外旅行のための予算を維持しています。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close