日本田・GSユアサ、バッテリー開発に30億ドル投資、工場建設 – 日経

1 min read

東京、4月27日(ロイター) – 日本自動車メーカーであるHonda Motor Co Ltd(7267.T)とバッテリーメーカーであるGS Yuasa Corp(6674.T)が4,000億円(29億9千万ドル)以上を投資電気自動車用バッテリーを生産するために協力する予定です。 EVs)と住宅について、日経新聞は木曜日に報じた。

両社は消息筋を引用せず、少なくとも20ギガワット時(GWh)の生産能力を目標に日本に新しい工場を建設することから始めると日経は付け加えた。

日経は、両社が今年1月に公開した合弁事業がバッテリーや素材開発はもちろん、資本投資でも中心的な役割を果たすことになると伝えた。

日本経済産業省は約1500億円の補助金を提供すると新聞は付け加えた。

ホンダ広報担当者はロイター通信にこの報告書は発表した内容ではなく、現時点でこれに対して答えることができることがないと明らかにし、内務省関係者も同じ話をした。 GSユアサは通常の勤務時間以外はすぐに連絡できませんでした。

($1 = 133.9700円)

Daniel Leussink、Shiraki Maki、Elaine Liesによる報告。 Kirsten Donovanによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  認知された領土の脅威に対する日本の大衆の反応
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours