日本真相調査団、日本人避難必要に備えてレバノンに出発

0 min read

NHKは日本の自衛隊要員が自国で同胞を飛行機で避難させなければならない場合を備え、日本が金曜日に真相調査チームをレバノンに派遣するという事実を知った。

消息筋によると、国防部チームは潜在的な避難に備えて情報を収集し、レバノン当局と協力するだろうと述べています。

イスラエルで日本人を避難させるために、すでに3台の自衛隊航空機が派遣されています。

イスラエルとレバノン国境地域でイスラエル軍とシア派武装団体ヘズボラとの交戦が続いて民間人の死傷者が発生しています。 今回の事態はイスラエルとガザ地区を掌握しているパレスチナイスラム団体ハマスとの間の葛藤が続く中で発生しました。

日本の外務省は、レバノンとイスラエルの国境地域にある日本人に安全を確保しながら、すぐに避難するよう求めています。 また、レバノンの他の地域にいる日本人にも脱退を考慮するよう促しています。

先週の金曜日、国防総省はレバノンとイスラエルの国境地域に対するリスクアラームを最高段階の4段階に、レバノンの他の地域に対するリスクアラームを3段階に格上げしました。

外務省は昨年10月現在、74人の日本人がレバノンに滞在していると明らかにした。

READ  ホンダトモル、2022年ジャパンオープン出場選手選抜
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours