日本研究チーム、ヒトiPS細胞で免疫調節細胞作る

1 min read

日本のある研究チームが、ヒト誘導万能幹細胞(iPS)で過度の免疫反応を抑制する調節T細胞を世界で初めて生産することに成功したと明らかにした。

京都大学研究陣を含む研究チームは、この生産方法が実用化されれば移植医学で拒否反応抑制効果に優れたと知られている細胞の大量生産が可能であると期待している。

今回の研究は米国ジャーナル「Cell Stem Cell」に金曜日に掲載された。

体内の過剰な免疫細胞によって引き起こされる自己免疫疾患の現在の標準治療法は、免疫抑制剤に大きく依存しています。 制御T細胞を用いた治療が注目されているが、インビトロで治療に使用できるほど大量の細胞を生産することは困難です。

研究チームは、T細胞が調節型に発達するよう誘導することが知られている4つの試薬を組み合わせて、ヒトiPS細胞で作られた免疫細胞の一種であるT細胞を培養した。

iPS細胞で産生された細胞をがんを攻撃する攻撃性T細胞と混合して追加培養した。 その後、研究チームは調節T細胞と同様の免疫抑制効果を持つ細胞を確保した。

また、免疫細胞が自分の臓器を攻撃する移植片対宿主病ラットにiPS細胞で作った免疫調節T細胞を移植すると、ラットの免疫反応が抑制され、生存期間が長くなった。

研究チームを率いた京都大学iPS細胞研究センター金子新教授は「iPS細胞を活用すれば大量の細胞を迅速に確保でき、自己免疫疾患治療剤の開発につながる」と話した。 そして適用。

READ  摂氏4億度の超高温!多波長観測明らかになった銀河団の超高温ガスの分布| sorae宇宙のポータルサイト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours