日本研究チーム、気温差で湧水で電気生産

1 min read





国立産業技術院が提供した写真には、泉水と空気の温度差を利用してエネルギーを生成する装置が含まれている。 生成された電気は、湧水の温度を測定するために使用されました。

日本産業技術総合研究所(AIST)研究陣が湧水で電気を生産する技術を世界初に開発した。

このシステムは、水と周囲の空気の差を利用して熱発電機で電気を収穫し、水力発電とは異なり、水の流れを必要としません。 昼・夜間にも電力を生産でき、計測器などの機器にも適用でき、外部電源が必要ない。

湧水は温度変化に強い。 試験場の湧水温度は昼と夜を通して摂氏15度前後を回った。 夏には涼しい感じがし、冬には暖かい感じがします。

研究チームは銅円筒の両端に熱を吸収して放出するヒートシンクを取り付け、吸収された熱エネルギーを電気に変換する装置を作った。 一方の端を湧水に、もう一方の端を空気中に置くと、温度差によって電力が発生します。

研究陣は2022年から2023年まで湧水が豊富で昼と夜の気温差が大きい長野県松本で実験を進めた。 冬には水銀温度が零下に落ちる。 彼らは電気が生成され、実際には温度記録計などの装置に電力を供給できることを確認した。 発電量は温度差が最も大きかった1月に平均14.5ミリワットで最高値を記録した。

一般家庭では1日6〜15kWhの電力を使用しますが、湧水で生成される量はこれに比べると微少です。 AIST物理測定研究所、天海康太研究チームは「ボタンバッテリー1個分の電力を保存でき、水質管理機器などの機器に使用できる」とし「これを活用する方法を模索したい」と話した。 技術」

研究チームの研究結果は、6月にエネルギー保存と管理(Energy Conservation and Management)ジャーナルに掲載されました。

(大阪ライフサイエンス環境ニュース部マイスガヌマの日本語オリジナル)

READ  シベリア永久凍土層で完全に保存された子の洞窟ライオン発見
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours