日本社債はスプレッドの下落で、2019年以降最も忙しい日を過ごしました。

Estimated read time 1 min read

(ブルームバーグ) – 日本社債発行市場は、利回りプレミアムが強化された後、2019年以来最も忙しいセッションを記録しました。

機関投資家を対象とした取引の先頭には、2,000億円(13億3千万ドル)の債券価格を策定した三菱UFJ Financial Group Inc.と1,500億円の債券を販売したSony Group Corp.がありました。 ブルームバーグが集計したデータによると、ソフトバンクグループ(SoftBank Group Corp)は個人投資家に5,500億円の債券を提供し、金曜日の総債権販売額が約1兆900億円に増え、これは2019年9月以降湾で最も多い金額です。

トレーダーは、日本銀行が今月または4月に2007年以来初めて金利を引き上げると広く予想していますが、国内政府債権の利回りは依然として穏やかな状態を維持しています。 これは、借入費用が急増しないという投資家を安心させ、BOJ関係者は、世界で最後の零下金利を取り除いた後も政策が緩和的に維持されると繰り返し繰り返した。

野村証券の荻野一馬首席信用分析家は「政策が変わっても投資家たちは長期金利が相対的に安定しているため、債券投資により未実現損失を被る恐れが少ない」と話した。 1~2月の発行が不振で投資家の会社債の需要が強くなり、スプレッドもさらにタイトになった」と話した。

日本社債スプレッドは今年約4bp縮小された約53.5bpで、2022年9月以降最低値を記録しました。 10年満期の国債利回りは年初の約0.61%から0.71%に上がったが、これはBOJが基準点に設定した1%レベルには依然としてはるかに及ばない数値です。 これは、今後の政策の変化にもかかわらず、トレーダーが急いで債券を清算しないことを意味します。

ボラティリティの高い翌日指数スワップは、3月のBOJ金利引き上げ確率が木曜日後半の約26%から33%に増加したことを示しています。

金曜日の他の取引には、SBI Holdings Inc.の800億円紙幣の売却とMetLife Inc.の1,123億円債券の提供が含まれています。

–森田りえの助けを借りて。

©2024ブルームバーグLP

READ  Blinken、ハワイで日本、韓国の首脳と出会い、北朝鮮について議論
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours