スポーツ

日本科学協議会、軍用技術と民収用技術の境界を合わせるのは難しいと述べた。





日本科学協議会は東京の港区で見ることができます。 (毎日/岩崎あゆむ)

東京 – 日本科学協議会(SCJ)は、軍用と民間用の両方に適用できる二重用途技術を他の技術と単に分離することが困難になるという声明を作成し、国務大臣に提出しました。 科学技術政策担当小林高之。

この声明は、人工知能、量子技術など国家安全保障に関連する科学技術の重要性が高まっている状況で軍事用に転用される可能性を分別し、研究に全面的な制約を加えにくいというSCJの立場を反映したものと見られる。 使用。

2017年SCJは、二重用途技術研究に対する調達技術物流庁の補助金プログラムに関する声明を発表し、研究活動に対する政府の介入を容易にできる「資金プログラムは多くの問題がある」と指摘した。 しかし、委員会は、これらの研究の審査システムを禁止することなく、大学や他の機関で設定することを提案しました。 1950年と1967年に、SCJは「戦争目的」のための科学的研究を拒否する声明を発表しました。

SCJによると、SCJは2017年の宣言文を含む過去の声明への立場を変えなかった。 しかし最近では基礎研究でも様々な目的で軍用に適用する可能性が高まっている。 枝田高明SCJ会長は7月27日定例記者懇談会で「時代に合わせて思考方式を発展させた」と説明した。

米国と中国の緊張が高まる中、国家安全保障レベルで重要な技術が海外に流出しないように現場研究員が出なければならない。 二重用途技術に関し、日本政府は今年会計年度に経済安全保障のための重要技術を育成するためのプログラムに対する公開募集を開始する予定であり、合計5,000億円(約37億ドル)の資金が支援される予定です。 文部科学省、経済産業省プログラムによる研​​究成果が結果的に防衛装置の開発に寄与する可能性があります。

この動きに照らして、科学委員会は両用技術を含む先進科学技術についての見解をまとめました。

(池田智弘科学環境部日本語オリジナル)

READ  ルノー、ホンダのF1撤退に「エンジンサプライヤーへの利点はほとんどない」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close