日本科学委員会が政府から分離される予定

Estimated read time 1 min read

科学社会文化技術


東京、12月18日(支持通信) – 内閣府は現在、首相直属の特別政府機関である日本科学協議会を政府から独立した機関にすることに月曜日決定した。

大統領府はこの日、専門家らが協議会が政府の算定が不適切であるという中間報告書を作成した後、協議会の運命を議論する専門家会議でこのような決定を出した。

政府機関は必要な法改正を模索する予定だ。

菅吉秀で当時、首相が2020年委員会候補6人指名を拒否した後、委員会をどのように開始すべきかについての議論。 政府が変化のための法案の提出を控えると、専門家は今年8月に委員会改革に関する会談を始めました。 評議会議員選出に関する規定。

基本的には協議会が組織を自由に運営し、メンバーを選出することを許可するが、第三者諮問委員会を設置して運営の透明性を確保するという方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  日本首相、ファイザーCEOとスピードワクチンブースターの議論
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours