日本科学委員会が政府から分離される

Estimated read time 1 min read

長い間、自律性を維持するための闘争を行ってきた日本科学委員会(SCJ)が政府から分離され、独立機構に転換される可能性が高い。

岸テルオ東京大名誉教授が委員長を務めた内閣府専門委員団は21日、中間報告書で学者たちが政府に政策を提案するSCJの独立性を維持するよう勧告した。

報告書は「組織が政府とは別に企業性格を持つことが望ましいだろう」と述べた。

しかし、協議会の財政はほとんど政府が充当し、監査と評価委員会も任命する予定であり、独立性が保障されるかは不透明だ。

SCJは、国務総理傘下の政府から独立して運営される特殊組織で、1949年に設立された。

中間報告書は、委員会の機能を「独立した観点から政府および他の機関に客観的、学術的、科学的に基づくアドバイスを提供すること」として説明しています。

報告書は、アドバイスの内容が常に政府の政策と一致しない可能性があり、できるだけ独立性が必要だと強調した。

専門家たちはSCJを政府から分離して統合することが望ましいと結論付けた。

議会と政府は2020年から激しい議論を繰り広げてきた。

菅吉秀夫当時、首相が伝統を破って6人の議員候補地名を説明もせず拒否すると、SCJはこれに強く反発した。

政府は議論の焦点を移し、協議会の組織と運営問題を提起した。

岸田文雄首相の現政府は、この問題をできるだけ早く解決したいと考えました。

政府は昨年12月、政府特別機関の地位を維持しようという提案を出した。

しかし、SCJは、新しい委員の選出に外部の専門家を参加させることは学問的独立を脅かす可能性があると、この提案に反対した。

当該法案は今春国会に提出されず、専門家パネルは8月から組織改編を議論してきた。

内閣府は中間報告に続き、協議会の構成に関する具体的な提案も出した。

提案には、会員の選定は「科学者の中で独立して」行われるが、その過程で外部の専門家の確認も含まれると述べた。

提案によると、政府は財源を多角化した後、現在政府資金で充当されている年間運営費約10億円(700万ドル)に対して必要な財政支援を提供し続ける予定だ。

この提案は政府のほとんどの費用を支えるので、ガバナンスの強化を必要とする。

また、提案には、運営と財政を監督する監査人と、活動と運営を検討する評価委員会が構成されることが示されています。

しかし両者とも担当長官が任命することになり、議会運営と活動に政府が介入する余地が残っている。

政府は議会の意見を聞きながら新しい法案を作る予定だ。

READ  超大質量ブラックホールが星を掴み、残骸を地球に吹き飛ばす
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours