日本科学委員会が政府に改革法案を提出しないように促す

Estimated read time 0 min read

日本の主要学術団体である日本科学委員会は、政府にグループ会員選出過程を修正する法案を提出しないことを促しました。

政府は委員会組織を検討しており、関連法改正案を今回の会期中に国会に提出する計画だ。

これは菅が吉秀元首相が2020年6人の委員指名を拒否した後に出たものだ。

政府は委員選出に対する意見を提示するために諮問委員会を構成する計画だ。 政府当局者は月曜日協議会全体会議でこの計画を説明した。

諮問委員選定は協議会長と政府科学技術革新フォーラム専門家など3人が議論する予定だ。 彼らはまた、委員は政府の介入なしに協議会の議長によって任命されると述べた。

しかし、一部の議員は、政府が関連する決定に影響を与える可能性があると反対の意思を表明した。

協議会は火曜日の説明を議論し、政府に対する勧告と公開声明を発表した。

勧告案は、政府が今回の国会で法案を提出しないことを勧告した。 委員会組織を含め、日本の学術システムの包括的かつ根本的なレビューのための公開フォーラムを設けることを要求します。

高田浩哉協議会議長は、政府が勧告を真剣に受け入れ、今後の発展が機構に懸念を呼び起こす方向に行かないことを願うと述べました。

彼は議会が岸田文夫首相に推薦状を伝える計画だと付け加えた。

公開声明は、改正が委員会の独立性を損なう可能性があり、日本の内外の研究者もそのような懸念を共有すると述べた。

また、政府と権力から独立して発展する様々な学界の視線が社会と世界の理解を豊かにすることを明らかにしました。

また、改正が日本の国際的評判と国家に対する信頼を損なうこと、研究能力を低下させる可能性があると述べた。

声明は、そのような動きが日本の学界の終わりを知らせ始めるべきではないと付け加えた。

READ  JetSynthesys、日本のDIGITAL HEARTS HOLDINGSと協力してグローバルゲームレベルを向上
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours