日本科学技術が後援する桜科学交換プログラム、日本生命科学部植物科学部S. Rajagopal教授研究グループ

1 min read

S. Rajagopal教授と彼のグループは、日本政府が科学協力を奨励するイニシアチブである桜科学交流プログラム(Sakura Science Exchange Program)という権威あるプログラムに選ばれ、このプログラムは日本岡山大学の高橋雄一郎(Yuichiro Takahashi)教授が主催しました。 グループ(S. Rajagopal教授、Venkateswara Rao博士、Pavithra Ramachandran氏、Jyoti Ranjan Rath氏、Pulimamidi Bharath氏、Jereme Xavier G氏、Vijay Srinivas Lavudiya氏、Shriya Sharma氏、Namrata氏DubeyとMu) 2024年3月3日から3月10日まで訪問し、国境を越えて共同成長を促進する光合成研究の集中的な探求を行いました。

訪問期間中、私たちは高橋裕一教授、坂本智之教授、Jian-Ren Shen教授、Suga Michi教授、Ifuku Kentaro教授、Koori Kozzuma教授、Toshiharu Shikanai教授、岡山大学、岡山大学農業研究所、日本の京都大学などの機関で全グループです。 進行中の研究、洞察力、および広範な議論を共有する両側の科学プレゼンテーションは賞賛されます。 この協力的な交流は科学的な対話を強化し、将来の将来の協力と知識の伝播のための基盤を築きました。 日々の基礎と応用 光合成研究と構造生物学の様々なテーマを扱う集中的な科学談話が行われている。

これらの議論は、方法論と結果を批判的に見直し、科学的地平を拡大しながら知的成長を促進した。 日本の研究者が使用する先進技術への私たちの暴露は中枢でした。 これらの方法論の同化は、これらの最先端のアプローチを進行中のプロジェクトに統合することによって、独自の研究の洗練を強化することを約束します。 桜科学交換プログラムは、私たちの研究室のメンバーが現代の光合成研究の理解を深めるための貴重な機会を提供しました。

訪問中に得た知識は、現在進行中のプロジェクトと今後のプロジェクトに大きな影響を与える準備ができています。 私たちはインド研究室に戻って得た洞察力を適用し、今回の交流を通じて造成された協力精神が光合成研究分野の発展と貢献という形で継続して実を結ぶようにします。

READ  Omicron BA.5株は高病原性であり得る:Japan univ。 研究チーム
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours