日本科学者、ヒトiPSを使って精子・卵子用細胞大量生成

1 min read

日本西部京都大学研究チームがヒト誘導多能性細胞を利用して精子や卵子に変化することができる細胞の大量生成に成功し、生殖医学分野の研究が活性化されると期待される。

英国科学ジャーナル・ネイチャー(Nature)オンライン版に月曜日に掲載された今回の研究は、男性と女性の生の生殖細胞数を初期培養段階から100億倍以上増幅させた。 初期の発達段階でヒト細胞を得ることは技術的に困難であった。

研究チームの斎藤道の京都大学教授は「(今回の発見は)研究速度を加速するだろう」とし「しかし、このような目標を達成するには依然として様々な分野で障害物を除去しなければならない」と話した。 。

科学者たちは彼らの発見が最終的に「親精子細胞」と「ウゴニア」を通じて「生の生殖細胞」から産生された卵子と精子の産生につながることを願っています。

京都大学斎藤道紀(右)教授と他の科学者たちは、2024年5月17日、京都でメディアに人間誘導多能性細胞を使用して精子や卵子に変化することができる大量生成細胞に成功したと説明しています。 (刑務所)

研究チームはすでにラットの体細胞を利用してウゴニア(oogonia)を培養して生殖細胞を生成する方式を開発したが、非効率的であると評価されている。

今回、研究チームは生の生殖細胞様細胞を活用し、骨型発生タンパク質のシグナル伝達を追加し、卵子と親精子細胞を2ヶ月ぶりに開発することに成功した。

約4ヶ月の培養期間中、細胞数は100億倍増加し、生成過程も比較的簡単だと研究チームは明らかにした。

生殖細胞が分裂する際には、後生的再プログラミングという過程を経て、これは親の後性的記憶をリセットして増殖する親精子細胞または卵巣細胞の形成につながります。

実験室環境で人間のエピジェネティックな再プログラミングを再現することは依然として根本的な課題として残っていますが、今回の研究は豊富な親精子細胞と卵巣細胞を生成することによってこのプロセスに関する洞察を提供し、人間のエピジェネティックな再プログラミングの枠組みを説明したと研究チームは言った。


関連プレス:

科学者たちは日本で人間の臓器移植のための最初の豚を飼育しました。

スマートメガネを書いた大学入試不正行為検察告発

基準変更により米国における亜臨界核実験回数増加:平和NPO


READ  宇宙で高速伝播爆発を繰り返すのは不思議です。 これは奇妙です。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours