日本科学部長官、IAEA会議に出席し、福島処理水排出に関する理解を求める

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
高一真那に科学技術政策賞(右)と岸田文夫首相(中央)が火曜日、東京首相官邸で各議会議に先立ち挨拶している。

高一サナエ科学技術政策長官は来週国際原子力機関(IAEA)年次総会に参加する予定だ。

IAEA総会は月曜日から金曜日までウィーンで開催されます。 日本長官がこのような会議に出席するのは4年ぶりだ。

高一は福島県福島第一原発処理水に対する日本の海洋放流について国際的な理解を求める計画だ。

大臣の今回の出席は、日本産水産物の輸入を全面中断した中国に立ち向かうことだ。

処理された水の最初の放出以来、政府と東京電力株式会社はIAEAと協力して周辺海域の放射能レベルを測定してきました。 濃度は国際基準より有意に低いことが示された。

高一は今回の会議演説や主要国長官級会議などで処理水放流の安全性を強調する計画だ。

ここ数年、政府はIAEA総会に国家原子力行政を総括する現職科学技術部長官を派遣した。 しかし日本長官はコロナ19ファンデミックのため、2020年から2022年まで会議に出席せず、代わりに映像メッセージを送ることに決めた。

READ  デジタル社会とAI分野における中国と日本の広範な協力
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours