技術

日本第1四半期企業資本支出はメーカー主導で3%増加

2020年6月24日、東京のある商業地区で保護フェイスマスクを着用したビジネスマンが、コロナウイルス病(COVID-19)が広がる中で歩行者の足を歩いています。 REUTERS/Issei Kato/File Photo

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

  • Q1 capex +3.0% y/y、季節調整 +0.3% qtr/qtr
  • メーカーのcapex +5.9% yr/yr、サービス部門 +1.6%
  • 企業の第1四半期経常利益+13.7%yr/yr、売上+7.9%yr/yr
  • アナリストは、修正されたGDP予測について意見がずれました。

東京、6月1日(ロイター) – 日本企業が1月から3月までの第4四半期連続資本支出を増やし、コロナ19ファンデミックとウクライナ戦争に対する不確実性にもかかわらず、メーカーが主導する企業投資の回復力を強調した。 。

確固たる事業支出は、現金豊富な日本企業が内需主導の経済回復を支えるために工場や設備への投資を誇示すると期待する政策立案者に希望を呼び起こす可能性がある。

財務省のデータによると、今年の第1四半期の資本支出は第4四半期の4.3%増加に続き、昨年同期より3.0%増加した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

利益は、新技術への投資による輸送機器メーカーと生産量の増大を必要とする金属製造業者が主導しました。

この数値は、来週水曜日に発表される修正された国内総生産(GDP)の数値に反映されます。 経済学者たちは、Capexデータ以降に修正されたGDP予測について意見が分かれており、彼らの予測範囲は連換算値0.5%から1.7%までです。

先月の予備データによると、コロナウイルス抑制、供給支障、原材料コスト上昇が消費に打撃を与え、世界第3位経済が第1四半期に連換産1.0%減少したことが分かった。 経済は過去1年間で第2四半期の収縮を記録し、弱い回復を強調しました。

多くの経済学者は、ウクライナの危機とコロナ19の再拡散の危険性によってV字型回復の見通しが薄れていますが、経済は次の四半期に成長を回復すると予想しています。

Norinchukin Research Instituteの上級エコノミストである武志みなみは、「資本支出は堅調な需要が主導するメーカーの間で堅実な状態を維持したが、サービス部門は感染症のために懇願していた. 」と言いました。

Minamiは、修正されたGDPデータが1.2%の収縮でわずかに下方修正されると予想しました。

「日本人がコロナウイルスと一緒に生活し、国境管理が容易になるという考えに慣れれば、サービス部門の活動やインバウンド観光が活性化し、資本支出とより広い経済が徐々に回復するのに役立つでしょう」

部門別では、製造業の事業支出が前年同期比5.9%改善し、大流行以前の水準に近いのに対し、非製造業の支出は1.6%増加し、COVID移転水準より依然として低いことが分かりました。

企業の1~3月経常利益は前年同期比13.7%増加した22兆8000億円(1770億ドル)を記録し、売上は7.9%増加した。

国土部関係者は「売上と利益が共に増加したが、供給制限と原材料価格の急騰で自動車・電気機械業種が弱気を見せている」と話した。

「回復は不均一で、事業の規模と種類によって異なります。」

1~3月四半期の資本支出は、季節調整基準で前の3カ月より0.3%増加したと国防部データが明らかにした。

($1=129.1300円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

カジモテテシを見たキム・コギルとクラレンス・フェルナンデスの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Pixel 6:Googleの主力製品は、5年前のカメラのハードウェアでiPhone 13に挑戦します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close