日本経済、世界4位に墜落

Estimated read time 1 min read

ハーバード教授Ezra Vogelの1979年著書「第1位の日本:アメリカのための教訓」は、日本ですぐにベストセラーになりました。 気持ちいいタイトルは間違いなく販売に役立っていましたが、実際に大きな話題を呼んだのは、本の重要な主張、つまりガバナンスとビジネスへの日本のアプローチが他の国よりも優れているということでした。

当時日本は真っ最中に乗り込んでいた。 GDPは1950年代と1960年代のほとんどの間、毎年約10%ずつ成長し、1970年代後半には4〜5%成長しました。 しかし、日本のビジネスマンや政治指導者たちは、日本が経済的に成功したことがユニークなシステムのおかげであるのか、それともそれにもかかわらず確信していませんでした。 彼らにとって、ボゲルの本は一種の承認と同じであり、日本がすぐにアメリカを抜いて世界最大の経済大国になるという信念を高めました。

その後数年間、日本はこの目標に向かって進むように見えました。 1980年代後半の日本株価は3倍、実物資産価格は4倍上昇した。 1988年、日本のGDPは米国(現在のドルベース)の60%に達し、当時の人口は半分程度で、1人当たりのGDPははるかに高かった。 1995年に円が急激に切り上げられると、日本経済は米国経済規模の約3/4水準になりました。

それは「頂点」日本であることが判明しました。 まもなく経済は、数十年にわたる低迷とデフレに包まれました。 1995年から2010年まで、日本はマイナスGDP成長(円基準)を経験しました。 一方、米国経済は毎年約2%ずつ成長し、中国は毎年2桁の成長を続けています。 現在、日本のGDPは米国の15.4%に過ぎず、中国のGDPは2010年以降日本より大きくなりました。 日本は1位になるどころか3位に落ちました。

中国が日本を抜いて世界2位の経済大国になったというニュースは日本大衆の大きな抗議を誘発せず、日本国民は事実上自国経済の衰退を諦めたように見えました。 確かに、日本の有権者たちは前年に長年執権していた自民党(LDP)を相手に野党である日本民主党(DPJ)に勝利を与えてくれました。 しかし、民主党との新婚旅行は長く続かなかった。 党はガバナンス、外交、経済政策ではるかに不足しており、2009年から2012年まで、DPJ首相のパレードはその場でほぼ1年間続きませんでした。

2012年12月の選挙では、日本の有権者は別のアプローチを試み、自民党の安倍晋三を2番目に首相に選出しました。 安倍首相は、大規模な通貨緩和、拡張財政政策、長期成長戦略という3つの「矢」を使って、日本経済を20年間のデフレと不況からついに抜け出すことを目指すアベノミックスと呼ばれる大胆な経済政策パッケージを迅速に導入しました。

安倍の計画はある程度成功した。 日本銀行(BoJ)の通貨膨張のおかげで、日本はついにプラスインフレ率を達成した。 しかし、急速な人口高齢化のため、実質的な成長はまだ行われていない。 労働生産性は大きく増加したが、労働者数と労働時間の減少を相殺するには逆不足だった。 2012~2014年の円安に加え、日本のGDPは(米ドルベースで)下落して停滞しました。

今日本はさらに下落しました。 昨年、ドイツは日本を抜いて世界3位の経済大国になりました。 そしてまた、日本の世界的地位の下落に対する大衆の反応は、肩をすくめるレベルに達しました。 ダイナミックな改革を促すことができる建設的な怒りはどこにもありません。

日本経済を活性化するために必要な措置のリストは長いが、よく知られている。 たとえば、日本は個人銀行預金と機関の貯蓄を株式と代替資産に変換する必要があります。 そして生産性の向上はすべての分野で必須です。 これは、人口規模の減少を考えると、積極的なデジタル化によって追求する必要があることです。

一方、今日の労働力不足は名目賃金を上昇させ、商品やサービスに対する需要の増加と投入コストの上昇が価格の引き上げに反映されなければなりません。 これは日本で忘れられた技術の一つです。 数十年間のデフレにより、消費者が価格を引き上げる企業に背を向けると、価格メカニズムは事実上動作しなくなりました。 相対価格と絶対価格が凍結し、資源配分が困難になった。

良いニュースは、BoJがインフレをほぼ2年間目標値である2%以上に維持してきたため、「デフレ考え方」が変わっているということです。 しかし、非常に緩和的な通貨政策は高いコストを伴います。 2022~23年の金利が急激に上昇した米国との金利差の増加は、2022年1月に115円から10ヶ月後と2023年中150円でドル対円の急激な価値下落に寄与しました。

しかし、米ドルに対する円安の下落は、日本の米ドルベースのGDPの減少に貢献したかもしれませんが、これはすべてではありません。 結局、通貨弱税は輸出競争力を高めて成長を促進できることが多いです。 しかし、日本ではこのような兆候は見られません。 これはより深い問題を反映しています。 イノベーションと生産の両方がほとんど日本を去った。 米国情報技術(IT)サービス企業に対する支給額が急速に増え、輸入も増えている。 日本は、この傾向を覆すために、国内でITサービスの生産を創出するための科学技術教育を促進するなど、緊急かつ決断力のある措置を取らなければなりません。

経済が4位に落ちたのが日本を目覚めさせるのに十分でなければ、すぐに5位に落ちるでしょう。 国際通貨基金(IMF)は、2026年にインドのGDPが日本(ドルベース)を追い越すと予想しています。 さらなる低下を防ぐために、日本政府は生産性を高め、労働力を拡大し、最も生産的な部門に不足している労働力を割り当てるための明確な戦略を考案しなければなりません。

伊藤隆はコロンビア大学国際公共大学教授、東京国立政策大学院先任教授、元日本財務省次官だ。

著作権: プロジェクトシンジケート

READ  FirstFT: Bidenは珍しい立法の成功を祝います
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours