日本経済、成長数値修正で景気後退をかろうじて避ける経済

Estimated read time 1 min read

早ければ今月マイナス金利が終了するという期待感の中で国内総生産(GDP)が0.4%成長した。

日本経済は景気低迷を避け、日本の株式市場が数十年ぶりに最高水準に巡航しているにもかかわらず、東アジアの巨大企業が直面している経済的困難を強調しています。

日本内閣府は10月から12月まで国内総生産(GDP)が0.4%萎縮を見せた以前の暫定値より高い年間0.4%増加したと月曜日明らかにした。

四半期ごとに、GDPは0.1%増加し、0.1%減少推定で上方修正されました。

日本政府は先月、内需不振と民間消費不振で経済が予想外の低迷に陥ったことを示す暫定数値を発表した。

修正された数値は、日本が第2四半期連続マイナス成長と定義される景気後退から抜け出したことを意味しますが、ドイツに3位を出した後も引き続き世界4位の経済大国を維持しています。

このような改善された数値は、日本銀行がほぼ10年前に導入した非伝統的なマイナス金利政策を早ければ今月終了するという期待感を増幅させる可能性が高いです。

日本経済は、1990年代初頭に大規模な資産バブルが崩壊して以来、「失われた10年間」の間に低調な成長を経験してきました。

日本経済の難しさにもかかわらず、外国人投資家が円の価値を下げ、株主利益を増やすための企業支配構造改革により、東京株式市場は上昇傾向を見せています。

今月初め、ベンチマーク日経225指数は1989年2月最高値を超えた後、初めて4万線を突破した。

READ  日本・イギリス・イタリア、早ければ来週初め合同戦闘機プロジェクト発表
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours