経済

日本経済、第1四半期の5.1%萎縮| 西部支持者

ニュース、世界の

日本の経済は第1四半期に、年間5.1%の割合で萎縮したと政府の報告書によると、日本が遅いワクチン発売と増加するコロナウイルスの例に苦しんでいるので、別の景気後退の恐れが高まりました。 日本は東京を含む10個県1月から3月までのコロナ19緊急事態に直面していたので、第3四半期ぶりに萎縮を記録した。 この数値は、日経ビジネス、デイリーに世論調査アナリストが予測した4.6%の減少よりもいたずら2020年の最終四半期の11.6%成長の後に出ました。 東京を含む9つの県は現在、他の州に属します。 コロナウイルス感染の第四波が日本の首都で予定されて7月23日オリンピックが始まる約二ヶ月前に地域を襲った。 西村安豊島経済長官は記者会見で「年末年始(今月初め)三番目の緊急事態に伴う厳しい措置を要求するに応じて別の景気後退に備えなければならない」と警告した。 経済は2020年の最終四半期に11.6%成長し、4-6月の期間中に記録的な28.6%萎縮に続いて2年連続の経済成長を記録した。 専門家は、特に2月中旬発売以来、日本でCovid-19ワクチンの発売が非常に遅いため広がっ可能なウイルスの亜種の急速な普及に警告しました。 日本の人口1億2,500万人のうち1.4%だけが金曜日まで完全に予防接種を受けました。 アナリストは、予防接種の遅い速度が経済回復を阻害することができると述べた。 内閣府はまた、火曜日に生産の主要構成要素である、民間消費が1〜3月の期間中に前期比2.2%増の次の四半期に比べ1.4%減少したと報告した。 オフィスは、企業投資も過去3ヶ月の間の4.3%成長に比べて、第1四半期に1.4%減少したと発表した。 輸出は1〜3月の間、3四半期連続2.3%増加した一方、輸入は4%増加したオフィスは言った。 オーストラリアAP通信

/images/transform/v1/crop/frm/silverstone-feed-data/0b064f6c-ea07-448e-b2cf-438653f5dabe.jpg/r0_74_800_526_w1200_h678_fmax.jpg

READ  ミャンマークーデターの地域艦

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close