経済

日本経済、第2四半期のコビッド衝撃で緩やかな回復

日本経済がコロナ19による低迷から第2四半期に予想より遅い速度で反騰し、消費がはるかに遅れ、脆弱な回復を支えるのに十分成長するかどうかについての不確実性を強調したデータが月曜日に示された。
他の多くの経済と同様に、日本の復興は4月から6月に消費の増加が成長を支えましたが、ウクライナの戦争と原材料価格の急上昇によって妨げられました。
「消費と資本支出は7月から9月まで成長し続けるでしょう。 しかし、インフレの上昇は家計支出を冷却しているので、勢いはそれほど強くないかもしれません。
彼は「内需は引き続き拡大することができるが、輸出減少は日本の回復にブレーキをかけることができる」と話した。
実際、日本の見通しは、コロナ19感染の復活、グローバル成長の鈍化、供給の制約、家計の生活費を増加させる原材料価格の上昇によって曇りました。
政府データによると、世界3位の経済規模は4~6月に年間2.2%成長し、第3四半期連続成長を記録したが、市場予想値の2.5%増加には及ばないことが分かった。
これはコロナ19発症が急増し、支出に打撃を加えた1~3月の国内総生産(GDP)が修正された0.1%増加したことに続いたものだ。
この成長は主に個人消費が1.1%増加したことによるものです。 レストランやホテルは、感染症関連の規制解除により需要が回復したためです。
4~6月の成長のもう一つの主要な要因である資本支出は前四半期比1.4%増加し、市場予測値である0.9%を上回りました。
しかし、第2四半期の消費増加幅は市場の見通しである1.3%を下回り、家計消費回復税が落ち着くかどうか疑問を抱いている。
一部のアナリストは、コロナウイルス感染の復活と最近の様々な生活用品価格の上昇が、家計が余暇と外食を誇示するのを防ぐことができると述べています。
インフレを考慮した4~6月の賃金労働者の報酬は前四半期比0.9%下落し、これは1~3月の0.1%下落よりも大きな幅に下落した。 これは生活費の上昇がすでに家計所得に打撃を与えているという信号だった。
一部は、中央中央銀行の緊縮政策の波によって導かれたグローバルな景気後退の恐れが高まり、日本経済の継続的な回復の見通しも暗くなりました。
内需は4~6月のGDPに0.5%ポイント増加したが、外部需要はかつて強力だった輸出部門の支援が弱くなる信号で成長に追加または縮小されていない。
彼は次のように述べています。 大和証券のトルスエヒロ(Toru Suehiro)エコノミストは「外部リスクは米国とヨーロッパの景気後退恐怖が高まって下方に偏っている」と述べた。
岸田文夫首相は、上昇した生活費による経済的打撃を緩和するために、月曜日に大臣に燃料と食品価格の引き上げ速度を緩和するための追加措置を講じるよう指示しました。
日本は、3月まで持続した活動の抑制に部分的に責任がある消費不振によりファンデミックの衝撃から完全に回復するのに他の主要経済国より遅れています。
これにより、日本銀行(BoJ)はインフレが高まる中、多くの経済をさらっているグローバル緊縮局面でアウトライヤになりました。
政策立案者は、増加する生活費を取り出すことができるほど賃金が上昇するまで抑えられた需要が消費を支えることを望んでいます。
しかし、アナリストらは、グローバル需要鈍化のリスクが高まる中、企業が給与を引き上げるかどうかは不確実だと述べています。

READ  GoogleとFacebookが「独占禁止法の調査に備えて協力する秘密契約を締結した」と報道している - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close