経済

日本経済、第2四半期回復、感染症の懸念

日本、東京:日本経済は、2021年1月〜3月の期間の下落の後、6月末の四半期中に予想を上回る速度で回復され、これはCOVID-19のロック後、資本コストと消費が回復したことを示します。

しかし、一部のアナリストは、COVID-19事例の急増に対抗し、日本の制限が再び発生することにより、第3四半期の成長が大幅に小幅改善されると予想されます。

世界最大の経済国の中で3位を占める日本は8月16日に初めて公開されたGDPデータに基づいて、第1四半期に修正された3.7%の減少に続いて、第2四半期に1.3%の年間成長率を報告した。

それにもかかわらず、回復は第2四半期中に6.5%の強力な年間成長率を記録した米国のような他の先進国の報告よりも相対的に約ました。

ロイターによると、第一生命研究所のシンケ義久キー(Yoshihiki Shinke)は「感染が急増し、活動をさらに厳しく制限する可能性が高くなり、見通しについて楽観することができる部分は多くない」と述べた。

彼は「今年上半期の日本経済が低迷し、7〜9月の景気萎縮の危険がある。明確な成長反発は年末まで待たなければならない」と指摘した。

経済部西村康豊島(Yasutoshi Nishimura)は、データを発表した後、「このGDPの結果については非常に交錯した感情を持っている。これは国家緊急規制にもかかわらず、家計の消費欲求が非常に強いことを示している」と述べた。

READ  FTSE、ワクチン楽観に飛び込む - リアルタイム更新

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close