日本経済、第4四半期にようやく成長、消費不振で政策課題を提起

Estimated read time 1 min read

東京:日本経済は2022年の最後の数ヶ月間の景気後退をかろうじて避け、第3四半期に萎縮した後、弱い消費でかろうじて成長することが分かりました。

コロナ19の抑制、エネルギー補助金、非常に緩和された金融政策の緩和にもかかわらず、多くの国で全面的な通貨緊縮が進んでいる中で、記録的な高いインフレと世界経済成長の鈍化は世界3位の経済大流行の回復を弱めました。

家計消費を進めるために賃金を引き上げるよう政府の圧迫に苦しんでいる企業は、重要な春季労使協の時期に低迷した需要に直面し、厳しく動いている。

日本の国内総生産(GDP)は10~12月の年率で0.1%成長し、ロイター世論調査でエコノミストの0.8%増加見通し中央値よりはるかに低かった。 これは7月から9月に修正された1.1%の萎縮につながったものです。

内閣が発表したデータによると、今回の拡大は前四半期に比べほぼ平坦な0.02%の変化と解釈され、予備読取値と経済学者の0.2%成長の推定値と対照されます。

大和研究所の若葉小林エコノミストは「サービス(支出)回復税が弱気を見せた反面、インフレ上昇は消費も抑制した可能性がある」と話した。

グラフィック:消費不振で修正された日本GDP、https://www.reuters.com/graphics/JAPAN-ECONOMY/GDP/zjvqjyloepx/set.jpg

国内総生産(GDP)の半分以上を占める民間消費は0.3%増加し、当初0.5%増加で下方修正された。

レストランやホテルなどのサービスや商品への支出は、以前の見積もりよりも信頼性が低いことがわかりました。

資本支出は、先週の財務省データで第4四半期の製造業者の生産能力が増加したことにもかかわらず、予備見積りと変動なしに0.5%減少し、0.4%収縮の中間市場予測と比較しました。

全体の内需は、修正されたGDP成長率で0.3%ポイント下落しました。

こぼれた回復

日本経済はグローバル成長の悪化による海外需要の鈍化で打撃を受けており、その結果、記録的な貿易赤字と1月8ヶ月ぶりに最大規模の工場生産減少を記録しました。

10月外国人観光客に対する国境管理緩和を含め、日本のCOVID-19措置緩和のおかげで国内需要が経済にある程度支援をしているが、40年間の高いインフレが消費主導回復の見通しを弱めています。

家計の購買力を高めるための努力の一環として、政府と日本銀行(BOJ)は今月に仕上げられる年次「スント」春賃金交渉で企業に労働者賃金の引き上げを促しています。

主要企業は26年ぶりに最大の給与引き上げを提供する予定ですが、基本給の1%引き上げだけが含まれる可能性が高いため、日本中央銀行が安定維持の核心とみなす継続的な賃金引き上げを達成できるかどうか疑問です。 インフレ目標値である2%を達成しました。

BOJは、黒田春彦総裁の10年任期の最後の金曜日に終わる2日間の金利検討で超緩和政策を維持する予定です。

政府は去る10月、ガソリンと公課金を補助した2,850億ドル規模の財政パッケージに続いてインフレに対処するための追加措置を検討しています。

しかし、アナリストらは、弱いGDPデータと海外の課題が日本の回復に向かう途方もない道を指していると言います。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは「日本の10~12月はゼロ成長で締め切り、7~9月の景気萎縮で反騰するという希望が崩れた」と話した。

「経済は4月以来、絶え間ない通貨緊縮で、ヨーロッパと北米の成長が停滞するリスクが高まり、困難な状況に直面しています。」

READ  次世代「Amazon Fire TV Stick」が登場。 Amazon Echoシリーズの新製品も
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours