日本経済、需要不振により当初予想より悪化

1 min read

日本は今年第1四半期の経済が年間2.9%萎縮したことが示され、当初の推定値を修正した。

日本東京日本銀行本店に一長期が広がっている。 日本経済が第1四半期に萎縮した。 著作権2022 The Associated Press. すべての権利を保有。)

日本は初期推定値を修正し、今年第1四半期経済が年間2.9%の割合で萎縮したと明らかにした。

一方、月曜日の中央銀行が発表した調査によると、状況は依然として不振であることがわかりました。 アナリストは1〜3月のGDPデータの下方修正を予想していました。これは主に建設活動データの変化によるものです。

以前の見積もりは年間ベースで1.8%の収縮を示唆しました。 日本銀行の四半期調査は、大型・中型メーカーの企業心理が若干上昇したことを示した。 しかし、調査の詳細は国内外で需要が弱いことを示した。

「すべての産業と企業規模で、事業状況は12に安定しており、これは過去と同水準であり(四半期ごとに)GDP成長率が約0%であることと一致しています。」 Capital EconomicsのMarcel Thieliantがダンカンについてコメントしました。 「今四半期のGDP成長率が再び鈍化すると、6月に産業生産会社が予測した低迷と一致するだろう」と彼は付け加えた。

ING Economicsの経済学者は、全体的な製造業の感情がわずかに改善されたことに貢献した1つの要因は、自動車メーカーの正常な生産再開であると指摘しました。 これは昨年のコンピュータチップの不足により工場ラインが鈍化したことによるものです。

今年初め、政府の成長率の下方修正は、公共投資が1.9%の割合で萎縮したことを強調しました。 以前は3%成長したと考えられていました。 民間住宅または住宅は、2.5%萎縮という初期推定値ではなく2.9%減少しました。

日本経済は今年の最後の四半期に年平均0.1%の成長を記録し、技術的不況とも呼ばれる第2四半期連続萎縮を近く避けました。 2023年の年間、経済は年間平均1.8%成長しました。

米ドルに対する日本円の弱さは輸出業者に有利であるが、輸出業者は海外収益が円に換算されると膨らむからだ。 しかし、日本が輸入する商品や製品、特に石油・ガスのコストが大幅に増加した。

READ  株式利益、米国ドル安。 、FRBはテーパリングに対する熱望が少ないことがわかった。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours