経済

日本経済が2021年第1四半期に萎縮する可能性が高く、第2四半期も良くないようだ

最近ロイターの世論調査によると、世界で3番目に大きい経済、日本は、政府が課したCOVID-19関連の制限により、今年の最初の3ヶ月の間に萎縮を経験すると期待されます。 日本の2021年第1四半期のGDPは、2020年第4四半期の+ 11.7%の数値の後、1月と3月の間に-4.6%と予想されます。

一方、実質GDPは1〜3月に前期比1.2%減少すると予想されるが、これは他の経済圏が周辺の封鎖により、その期間中に世界的な需要が回復したにもかかわらず、内需萎縮により、主に減少すると予想されます。 世界。 政府が国家の主要な地域で緊急状態を拡張するように要求された後、民間消費は2%減少すると予想されます。

肯定的な点で、資本支出は2021年第1四半期に1.1%増加すると見られるが上昇率は、2020年の最後の3ヶ月の間の4.3%の増加よりも遅いが、GDPの減少も下落によって支配されています。 GDPが0.2%下落すると予想される外部要求。

日本が現在4次の流行に対抗している規制がまだ実施されている状況で、経済は今期も萎縮することが予想されます。 また、西洋のワクチンとは異なり、COVID-19ワクチンの発売も遅い速度で進行され、経済が今後進行される危機に起因する、より多くの下方リスクに脆弱性が存在することができます。

READ  Whitehallは、技術不足のための措置を講じてください。 スーパーマーケット

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close