経済

日本経済が2022年の流行以前の水準に回復するだろうと、日本の銀行のKurodaは言う

黒田晴彦日銀総裁が2019年7月30日、東京のBOJ本部で記者会見に出席します。

金ギョンフン/ロイター

日本経済は、早ければ来年3月からコロナウイルス感染症以前の水準に回復すると予想される日本の銀行黒田晴彦総裁は月曜日COVID-19の逆風にもかかわらず、回復の見通しについて楽観的な見方を示した。

Kurodaはまた、拡張的な財政政策と金融政策の組み合わせが日本経済を正常に安定させ、BOJが健康危機による経済的打撃を緩和するのに十分な刺激策を提供していたことを示唆すると言いました。

Kurodaは、世界経済フォーラムの仮想会議で「財政と金融政策の両方の企業の失敗と失業を予防することに成功しました。

物語は、広告の下続けています

「私たちは、おそらく2021年の終わりや2022年初めまでに、日本経済が回復され、伝染病が開始される前の水準に戻ってくることを期待します。」と彼は言いました。

先週発表された最近の四半期予測でBOJは世界第3位の経済規模が4月に開始される会計年度に3.9%成長した後、2022年に1.8%増加すると予想しています。

政策立案者たちの重要な課題は、伝染病が経済に持続的な傷を残すことを防止してデジタル化と「緑の「経済を促進するような成長動力を提供するものとKurodaは言いました。

「経済をグリーン化することは…流行前に重要でした。 しかし、今は重要です。 それは私たちの経済をより持続可能にすることです。 同時に、それは少しの成長動力を提供することです。」と彼は言った。

昨年4〜6月に最大の前後低迷を経験した日本経済は、輸出と生産量の反発に伝染病で緩やかに回復しています。

しかし、感染症の復活のために、政府は1月に新しい緊急事態を宣言し、消費を冷やし、経済を再低迷に押し通すと脅しました。

あなたのお金でスマートしてください。 Globe Investorニュースレターを通じて、週に三回、受信トレイに最新の投資の洞察力を得なさい。 今日登録

READ  三菱、新型「エクリプスクロス」PHEVモデルは「P」「G」「M」のラインナップ - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close