日本経済の没落は不可逆的な傾向となっている

Estimated read time 1 min read

2022年12月16日 この写真は、東京の商業・エンターテイメント地区である六本木ヒルズの欅坂通りと、日本東京の照明が点灯した東京タワーのクリスマスライトを示しています。 [Photo/VCG]

国際通貨基金(IMF)が10月初め発表した世界経済展望(World Economic Outlook)では、2023年日本の名目国内総生産(GDP)がドイツに追い越され、日本経済が世界3位から4位に下落した後、インドがこれを追い越す。すると5位に落ちると見通した。 2026年に。

名目GDPはインフレを引いたGDPをいい、国や地域の経済活動水準を反映して経済規模を見積もる指標としてよく活用される。

1968年GDPが西ドイツを控えた後、2000年まで日本経済は4兆9700億ドルで頂点に達し、ドイツの2.5倍、中国の4.1倍に達した。 2010年、中国は日本を抜いて2位の経済大国になった。 IMFの見通しが検証されれば、日本の名目GDP順位は2000年以降最も低い水準になる。

多くの経済学者は、日本の名目GDP成長が不振なのは、アベノミックス以後の経済を生かすための日本の努力が失敗したことと、人口増加率の減少、内需、輸出萎縮によって経済を上昇軌道に戻すことが難しいことを反映すると考えています。 。

刑務所通信は、IMF消息筋を引用し、今年末、IMF加盟国の持分割当量が新たに調整されれば、IMFで日本の議決権の割合が現在2位からすぐ後ろに続く可能性があると伝えた。 米国は米国、中国、ドイツ、イギリスに続き5位を記録しました。

日本はIMFに加盟国の既存の議決権順位に影響を与えない方法で資本金を調整してもらうよう要請しており、これに対する米国の支持にも注目した。 しかし、中国をはじめとする新興市場国家は議決権比率が経済規模を反映したいと考えている。

日本の経済力の弱体化は様々な要因によって決まり、これらの傾向はかなりの期間にわたって変わりにくいだろう。

READ  日本、コロナ19拡散の懸念で経済成長回復
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours