日本経済は予想より深刻な0.5%萎縮を経験しています。

Estimated read time 1 min read

円安は日本で2段スピード経済が誕生しました。 輸出と観光部門は、より競争力のある為替レートにより幅広く恩恵を受けましたが、家計と中小企業は輸入品の膨張した価格で圧迫されています。

大和証券の末広閣首席エコノミストは、円安のため、BOJが通貨扶養策を維持するのか、緩和を継続すべきかという問題が複雑になっていると述べた。

末広首相は「円安に起因する副作用が懸念される状況であるため、金利を引き上げなければならないと主張できる」と話した。

「下半期実質賃金が小幅プラスに転換される可能性が高いが、円安が続いて実質賃金水準が大きく上がらないだろう」と話した。

日本の大企業は今年30年ぶりに最大の賃金を引き上げ、BOJはこれが、数十年間の急進的な通貨扶養策をついに終えるのに必要な条件を提供したと述べた。

しかし、物価の引き上げが賃金の引き上げを控えて実質所得を圧迫し、購買力を減少させながら、中庭の家具は財布を握るようになりました。

日本経済の半分以上を占める民間消費は0.7%減少し、当初の見通し0.2%減少より大きかった。 第4四半期連続下落傾向で2009年以降最長記録だ。

経済学者たちは、第1四半期の不振が一時的なものであることが判明することを希望しており、2024年に能登地域で発生した地震や、トヨタダイハツ事業部の運営中断による成長鈍化が消えると期待しています。

それにもかかわらず、中東危機による原油の急騰と同様に、円安は景気回復に対する脅威として持続している。

民間需要の重要な要因である資本支出は、高い企業利益にもかかわらず、第1四半期に0.8%減少し、予想0.7%減少と比較して減少しました。

対外需要、すなわち輸出から輸入を差し引いた数値は、第1四半期のGDP推定値で0.3%ポイント下落しました。

現在、政策立案者は、低迷した消費を促進し、デフレへの回帰を防ぐためにバンパー給与の引き上げと所得税の引き下げ計画を期待しています。

SMBC日光証券の丸山吉正首席市場エコノミストは「金利引き上げや債券買取引き下げで円安の苦痛が緩和することができ、これは所得上昇が消費に転換できる道を開くことができる」と話した。 「そうでなければ、金利の引き上げは難しいでしょう。 特に消費が弱くなり続ける時はさらにそうです。」 ロイター、AFP

READ  オリンピック体操 - 絶望からゲームデビューまで日本の「他の公平」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours