経済

日本経済は予想以上に縮小ローカルニュース

ニュース、世界

日本経済は、グローバル供給の支障と新しいCOVID-19のケースが企業と消費者の支出に影響を及ぼし、新政府の成長計画への挑戦を提起したため、第3四半期に予想よりもはるかに速く収縮しました。 多くのアナリストが今四半期に世界3位の経済が反騰すると予想していますが、グローバル生産のボトルネックが悪化し、見通しに対するリスクが増加しています。 ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは、「生産と資本支出に大きな打撃を与えたサプライチェーンの制約により、収縮が予想以上に大きかった」と述べた。 彼は「経済が今四半期に反騰すると予想するが、9月末のコロナ19規制が緩和された後も消費がきちんと始まらず、回復速度が遅くなるだろう」と話した。 月曜日の国内総生産(GDP)暫定データによると、第1四半期の1.5%増加以後、7~9月の経済が連換算3.0%減少したと市場予測中央値である0.8%と比較した。 弱いGDPは、強力な潜在需要に応じて、第3四半期に経済が2.0%成長した米国などの他の先進国のより有望な数値と対照されます。 四半期ベースで、GDPは0.2%減少し、市場予測より0.8%下落しました。 岸田文夫首相は金曜日に「数十兆円」規模の大規模な景気浮揚策を策定する計画だが、一部の経済学者はこれが短期的に成長に及ぼす影響について懐疑的であった。 NorinchukinのMinamiは、「このパッケージは短期および長期の成長措置が混在したバッグになり、焦点がぼやける可能性があるため、短期的には大きな影響を与えないだろう」と述べた。 消費は4~6月に0.9%増加した後、7~9月に前四半期比1.1%減少した。 資本支出は前四半期に修正された2.2%増加後3.8%減少しました。 国内需要はGDP成長に対して0.9%ポイント減少しました。 7~9月の輸出はチップ不足とサプライチェーン制約で貿易が打撃を受け、前四半期比2.1%減少した。 ロイターが調査したアナリストらは、日本経済がコロナ19事例減少と供給支障緩和で消費者活動と自動車生産量が回復し、今四半期に年間5.1%成長すると予想している。 日本企業は依然として高い原材料コストと供給ボトルネックによるリスクに直面しており、これは短期および中期経済の見通しを弱める可能性があります。 オーストラリアAP通信

/images/transform/v1/crop/frm/silverstone-feed-data/1c01ce50-51c9-4c81-9573-b37238b22887.jpg/r0_74_800_526_w1200_h678_fmax.jpg

READ  日本経済、第1四半期の5.1%萎縮| 西部支持者

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close