経済

日本経済は思ったより強い

「NS彼は最も 1776年、アダム・スミスは「国家論」で、どの国でも繁栄の決定的な表示は人口の増加だと書いています。 その後、David RicardoとThomas Malthusは、食料供給を維持するかどうかについてとげを交換しました。 1937年まで、John Maynard Keynesは有害な経済的影響とともに将来の人口減少について警告しました。

日本はこの炭鉱のカナリアです。 1980年代に活況を呈した経済は、世界を恐怖に震えさせました。 1990年代に泡が吹いた後、公共債務が急増し、デフレが始まりました。 西欧の多くは日本の負債が持続可能ではなく、日本銀行(戦い)インフレを増やすためにもっとや​​るべきです。 2013年に 戦い黒田春彦議政府副知事は劇的な通貨緩和に着手した。 負債は230%に達した。 GDP。 奇妙なことが続きました。 金融危機は発生せず、インフレも目標値である2%に達しませんでした。 黒田の前任者である白川正明氏は、「マクロ経済学の標準教科書にはさらに何枚か必要です。日本が直面する問題に対処しません」

多くの裕福な国々は、同様の「世の中の低迷」に直面しています。低インフレ、低金利、低成長。 最近、より高いインフレが現れたが、金融市場は景気後退がすぐに戻ってくることを示唆している。 人口統計は大きな要因です。 日本は単に老化と縮小を早く始めました。 日本が適応し、他の国が日本のようになるにつれて、一部の経済学者は日本経済を新しい視点で見つめています。

債務はそのような問題であることが判明していません。 Peterson Institute for International EconomicsのAdam Posenは、「以前は、財政限度はもはや財政限度ではないと考えていました」と主張しています。パイ)シンクタンク。 」[Japan] 金利は、非常に長い間成長率を下回る可能性がある現実に直面するよう強制しました。 公共負債が100%を超えた。 GDP ほぼ25年間危機を起こさなかった。

国が独自の通貨で借り入れ、政府が大きな金融資産を保有しており、 戦い 借金の大部分を持っています。 しかし、コロンビア大学のDavid Weinsteinが主張するように、日本も支出を抑制しました。 2000年以来、彼はMark Greenanとの論文で、高齢者一人当たりの支出が実際に減少したと書いています。 Weinsteinは、「人が見逃せない静かな機能を持っています。 「日本は適応能力がほとんどないため、市場は楽観的だ」 低い限界税率で収入を増やす余地もあります。

一部の人々は、引き続き金利が引き上げられている場合、何が起こるのかを恐れています。 立ショー大学の吉川弘氏は、税金を課すことで日本が対応できるため、債務を心配する必要がないとの主張は「学術的すぎる」と述べた。 消費税の引き上げは政治的敗者だ。 政策立案者はまた、新たな財政需要を生み出す外部ショックの亡霊に苦しんでいる。 最近の財務省次官の矢野高知は、国家財政状況を比較するコラムで波紋を起こした。 巨大な

財政的余裕を追求

しかし、一部では、財政政策をより強力に使用する必要があると考えています。 多くの人が2014年と2019年の2回の時期的に消費税の引き上げを後悔しています。 最近、安倍首相が好む候補 自民党 リーダーシップ競争は政府の基本的なバランス目標 戦い インフレ目標に達しました。 11月末、岸田政府は55兆7000億円(4,830億ドル)規模の大規模財政浮揚策を発表しました。

インフレを上げるのは簡単なことではありません。 黒田さんの指揮下 戦い 量的緩和を拡大し、インフレ目標を採用し、より多様な資産を購入しました。 これは、国をわずかなデフレから抜け出すのに役立ちましたが、かろうじていました。 「私たちはインフレ問題を間違って理解しました」とPozenは言います。 「世の中の低迷は、私たちが思ったよりもはるかに現実的で持続的であることがわかりました。」

インフレ期待がゼロ付近に固定されていると、それを上げることは困難です。 しかも労働市場が厳しいのに賃金はあまり上がらなかった。 労組は賃金引き上げより雇用安定を好むと、元副総裁の中曽博氏は推定する。 戦い。 同社は徐々に時間制契約を通じてより多くの「非正規職」労働者を雇用してきました。 彼らは労働力の40%を占めており、これは1990年より2倍多いです。 間違ったインセンティブは賃金を下げるのに役立ちます。 多くの女性が限度未満の収入を上げる既婚カップルのために税控除を確保するために時間や所得を制限しています。

高齢化と人口減少も需要とインフレに負担がかかる可能性があります。 白川さんには一種の言い訳です。 彼は主張した 戦い デフレは原因ではなく、低成長を引き起こす要因の兆候でした。 白川は、新しい本「激動の時代」で人口統計学的変化が成長に及ぼす影響が「まだ過小評価されている」と語った。

全体的な成長率は依然として不振ですが、最近の一人当たりの成長率は他の国と似ています。 G7。 失業は最小限に抑えられ、寿命は増加し、不平等は比較的低いままであった。 経済学者ポール・クルグマン(Paul Krugman)は、2020年のツイートで「私を含めて2000年頃、日本に対してそんなに批判的な西欧経済学者たちが東京に行って天皇に謝罪しなければならないだろう」とツイートした。 しかし、私たちははるかに悪いことをしました。」

しかし、日本はまだもっとうまくいくかもしれません。 公共支出は長期的な成長改善を目指すべきです。 東京の経済学者たちは、政府が配布資料にファンデミック扶養策を無駄にしたと懸念しています。 東京大学の星武雄の研究によると、2020年の財政支援は、コロナ19以前にすでに困難を経験していた企業に戻る可能性が高いことを発見しました。

生産性を高めることは、人口減少の影響を相殺するのに役立ちます。 Yoshikawaは、イノベーションが成長の鍵であり、老化は起業家が解決できる新しい問題を生み出すと考えています。 世代交代が役に立つかもしれません。 多くの人がまだ安定していることを好むが、 サラリマン (サラリーマン)大企業の仕事、今日最も輝く卒業生のいくつかはスタートアップに入ります。 Niinami氏は、「急増する波があります。彼らは別の種です」と言います。 しかし、特に硬直労働市場の構造改革も必要です。 労働者が企業と産業の間を移動することは容易でなければならず、企業は非正規職労働者を搾取するのが難しくなければならない。

しかし、改革への圧力は部分的に既得権の抵抗のためでもありますが、人生が十分に快適であるため不足しています。 「急性疾患ではなく、慢性疾患です」と中洲氏は言います。 「あなたは実際に痛みを感じませんが、長期的にあなたの健康に影響を与えます」 これは治療することができます。 ポゼン氏が言ったように「10,000円紙幣が拾われるのを待っている床に置かれています。」 日本の指導者たちは彼らを捕まえるのだろうか?

この記事は、「多くの人が気づくよりも強い」というタイトルの下に、印刷版の特別レポートセクションに掲載されました。

READ  日本、石油共同販売に参加

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close