技術

日本経済は第1四半期に予想していたよりも少ない萎縮する可能性があります。

2020年12月7日、日本の東京のビジネス地区からの歩行者が進みます。 REUTERS /金ギョンフン

ロイターの世論調査によると、日本経済は第1四半期に初めて予想よりやや萎縮するものと見えたが、コロナウイルス感染症に対抗するための緊急抑制状態が、この四半期に緩やかな反発を維持していることがわかった。

次の週に、別のデータはまた、5月に卸売価格が引き続き急激に上昇して原材料価格の上昇信号が企業の利益を圧迫していることを示すものと世論調査が金曜日に気づいた。

ロイターが調査した経済学者によると、修正された国内総生産(GDP)のデータは、世界第3位の経済規模が1〜3月に年間4.8%減少したと推定される。 これは予備の数値である5.1%下落より少ない。

今回の改正は、予備GDP発表後に発表された財務省の四半期の企業アンケート調査を統合した後、予想よりも少ない資本支出の減少を反映します。

上方修正にもかかわらず、多くのアナリストは、緊迫した国の緊縮が消費に負担を与え、輸出好調による成長促進を相殺しながら、日本の経済見通しについて慎重を期しています。

みずほリサーチ・アンド・テクノロジーのエコノミストである間スケ堺は「チップの供給不足が自動車生産量を落とし、緊急抑制状態が消費に影響を与えるので、4〜6月に日本経済が2四半期連続萎縮を経るものと予想している」と述べた。

日本を含む全世界の自動車メーカーは、半導体不足で生産に支障が発生しており、一部のメーカーは伝染病が原因で予想よりも早い需要回復を非難しています。 もっと読む

政府は、修正された1〜3月のGDPデータを6月8日午前8時50分(2350年6月7日GMT)に発表する予定です。

世論調査によると、日本の卸売価格は、4月3.6%上昇した後、前年比4.5%上昇したとみられる。

増加は部分的には、伝染病による昨年急落の反動に起因が原材料の輸入に大きく依存している経済の貿易条件を悪化させることができるエネルギーと原材料コストの上昇も反映します。

日本の銀行は、6月10日午前8時50分(GMT 2350年6月9日)に卸売価格データを公開する予定だ。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Xi、ダボス、サムスン結果、ベトナムの党大会演説

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close