日本経済は第4四半期に成長傾向に戻ったが、依然として脆弱である

Estimated read time 1 min read

杉山里

東京(ロイター) – アナリストらは民間消費が依然として脆弱だと警告したが、日本経済は外部需要の小幅増加に支えられ、10~12月に再び成長傾向に戻ると見られると金曜日ロイター世論調査が明らかにしました。

緩やかではあるが期待される景気拡大復帰は、日本銀行が大規模な景気扶養プログラムの短期終了の可能性について議論し、今後の賃金交渉と消費者支出を綿密に監視している時点に出てくるだろう。

今回の世論調査に参加した経済学者16人の中央値予測によると、世界3位の経済大国の国内総生産(GDP)は7~9月の2.9%減少した後、第4四半期には年平均1.4%増加すると予想された。

10月から12月まで、四半期ごとに経済は0.3%成長しました。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林新一郎首席エコノミストは「7~9月の0.7%減少(年間-2.9%)から回復するほど回復傾向が強くない」と話した。

適度な数値は、インフレが引き続き賃金増加率を上回り、資本支出の微弱な成長と弱い消費を反映したものと予想されます。 同時に、サービス輸出の堅調な業績による外部需要の増加により全体の数値が上昇したとアナリストらは述べた。

消費は7~9月に0.2%減少した後、10~12月には前四半期より0.1%増加したと調査された。

世論調査によると、資本支出は7~9月に0.4%減少した後、第4四半期には0.3%増加したと推定される。

第4四半期の外部需要寄与度は0.1%ポイント下落した後、0.3%ポイント増加すると予想された。

みずほリサーチ&テクノロジーズのアナリストらは、1~3月四半期の間、高い価格が消費者支出を継続的に圧迫し、海外経済の鈍化により輸出が圧迫される可能性があると述べた。

政府は2月15日午前8時50分(2月14日2350GMT)に10~12月のGDP暫定値を発表する予定だ。

(記者:杉山里、編集:キムコグヒル)

READ  知事事実 ICYMI:CMIC CMO USAとRutgers University、医薬品製造の卓越性向上のために協力
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours