日本経済は転換点を迎えているか?

Estimated read time 1 min read

沖マサヒコ、 日本のある著名な経済学者は、自国経済が1990年代初頭に始まった「失われた10年」から抜け出すのに30年かかると予測したことがあります。 当時、資産バブルが崩壊し、日本の急速な成長を支援したモデルが崩壊しました。 国はまだ裕福だったが、デフレに陥り、成長率が鈍化した。 青木は新しいモデルが統合されるには世代交代が必要だと考えた。 彼はバブルがしっかりと爆発し、長い間執権した自民党が初めて権力を失った1993年に時計を始めました。

2023年に急速に戻ると、Aokiの言葉は予言のように聞こえます。 世界3位の経済大国が数十年間の無気力さから目覚めています。 長年のデフレや低インフレの後、日本は30年余りで最速の物価上昇傾向を見せています。 長い間停滞していた賃金は、1990年代以降、これまで以上に急速に上昇しています。 両方の増加は、主にグローバル供給ショックによって主導されています。 しかし、これが唯一の変更ではありません。 青木が予測したように、徐々に制度的・世代的な変化が果たし、日本株式会社を内部的に変化させています。

追いつくために苦労しています。画像:エコノミスト

このような外部衝撃と内部進化の合流は、日本が経済軌道を変える機会を意味します。 韓国が世界で占める割合 GDP ~へ PPP 条件は1990年の9%から今日の4%未満に低下しました。 それ GDP 一人当たり PPP 同じ期間、米国レベルの81%から64%に低下しました(チャートを参照)。 銀行であるゴールドマンサックスは、日本が2050年まで上位5つの経済局から脱落し、2075年には上位10の経済局から抜けると予想しています。 人口の減少は日本の成長に対する肯定的な余地を制限する。 それにもかかわらず、日本がインフレ期待をリセットし、生産性を高め、企業のダイナミズムを引き起こすことができれば、日本のトップリーグでの墜落はおそらく停止することができます。

投資家は興奮しています。 投資銀行モーガンスタンリーは日本が「30年間の景気低迷から確実に抜け出した」と評価した。 ウォーレン・バフェットは、日本の5つの取引所に大規模な持分を保有しています。 今年初めに日経株価指数はバブル崩壊以来最高値を記録した。 ラリー・フィンク(Larry Fink)は「日本は一連の驚くべき経済変化を経験している」と述べた。 トップ経営者 資産管理会社であるBlackRockの10月東京訪問。

過去30年間、日本では多くの偽りの夜明けがありました。 今回も懐疑的な理由があります。 日本のファンデミック以来、回復は依然として脆弱です。 第2四半期に前年同期比4.5%成長した後、 GDP 11月15日に発表されたデータによると、第3四半期には2.1%減少しました。 賃金は物価上昇に追いつかなかった。 消費は平らです。 円の価値が下落したことで、国際通貨基金(IMF)は日本の名目円の価値が下落すると予想しました。 GDP ドルベースで今年、米国、中国、ドイツに続き、世界3位から4位に下落します。

日本の莫大な政府負債を返済することはすでに大きな負担です。 日本銀行(BoJ) は、来年もそうかもしれないことを示唆するように、マイナス金利と利回り曲線制御に基づく極めて緩い方針から抜け出した。 無利子資本に依存する多くの企業も、支払能力を維持するのに苦労します。

日本の労働力は依然として減少し高齢化されています。 その会社は引き続き現金を備蓄しています。 日本の上場企業の40%以上 TOPIX 500 米国市場の5%未満に比べて帳簿価額以下で取引されます。 S& 500. 外国人投資家の関心は、新たな成長への期待と同じくらい日本の相対的な安定性と安価な通貨と多く関連している。

しかし、これらの慣れた欠陥は他の開発を進めません。 ここ数十年間、「日本経済の根本的な問題はダイナミズム」と東京大学の星武雄氏は言います。 新しく設立された会社はあまりにも少なく、古い会社はあまりにも多く、価格はほとんど変わらず、人材は生涯会社に閉じ込められていました。 「今私達はそれが変わり始めるのを見ています」。

希望を膨らませる画像:エコノミスト

価格から始めてください。 見出しの年間インフレ BoJの 18ヶ月連続2%目標。 そのうち、かなりの部分が輸入コストが高いために発生しても、結果として価格設定の心理が変化しています。 企業は、価格を上げると顧客を失うことになるという長い家庭をテストする必要がありました。 「私たちは価格を引き上げることができることを理解しました」とNinainami Takeshiは言います。 トップ経営者 大型飲料メーカーであるサントリーのCEOであり、影響力のある企業役員協会である京西東​​海の会長です。 慣行が広がりました。 ほぼ90%のアイテムの価格が監視されます。 BoJ 上昇しています(チャートを参照)。

人口学的機会

高いインフレは何十年も停滞してきた賃金に大きな影響を与えます。 日本では、1%のインフレはわずか0.2%の賃金引き上げをもたらしますが、インフレが2%を超えると感度が高くなると、Goldman SachsのOta Tomohiroは計算します。 人口統計学的変化は別の推進力を提供しなければなりません。 日本の人口は10年以上前から減少し始めましたが、労働力に参入した女性と高齢者がこの減少をかなり部分相殺しました。 しかし、近年ではこの傾向が鈍化して、雇用主は危機を感じ、労働者に高い給与を提供する必要性を感じました。 賃金上昇率は依然として物価上昇率より遅れているが、来年の年間 スント 賃金交渉が再び大きな利益を生むことになると、長い間待ってきた物価と賃金上昇の好循環が感情的に近づくでしょう。

ウクライナ戦争から日本の安全保障プロバイダーである米国と最大の貿易パートナーである中国間の緊張に至るまで、地政学的混乱も日本の環境を変えました。 ますます多くの経営陣が「現在の状態を維持できない」と Niinami 氏は言います。 企業がサプライチェーンの弾力性を優先し、位置リスクを心配することで、日本は利益を得ることができます。 メーカーが日本に工場を建設していなくても、工場自動化会社の助けを借りて他の場所に工場を建設することもできます。 アメリカはかつて日本を経済的競争者として認識したが、今は日本が繁栄する姿を見たいと思っています。 米国の管理者は次のように歓呼した。 IBM、 米国の巨大技術企業が日本でチップを設計するために日本企業との合弁事業を締結しました。

日本企業は現金を使う態勢を整えている。 計画された資本投資の増加率は2009年以来最高水準だ。 BoJ 1983年から調査資料の収集を始めた。 政府はこのような傾向を奨励している。 半導体産業に莫大な補助金が支援された。 政府は2兆円(132億ドル)、すなわち0.3%を支出すると約束した。 GDP、 グリーン転換を促進するために、今後10年間にわたって毎年国防支出が大幅に増加するにつれて、管理者は以前は禁忌であった種類の国防産業中心イノベーションに拍車をかけたいと考えています。

10年余り前に始まった企業支配構造改革がしっかりと位置づけられました。 企業価値と自己資本利益率を高めるための圧力は、もはや外国の活動家だけから来るものではありません。 日本の機関投資家もこれを推進しています。 圧力が増加します。 政府は日本人貯蓄者が保有現金に投資するよう奨励する「資産の倍増の計画」を発表し、来年から税制特典が施行される予定だ。 それだけ JPX、 東京証券取引所を監督する同社は、新社長の山地弘美のもとにまた別の変化の力を発揮しています。 証券取引所は来年から企業支配構造ガイドラインを満たす企業リストを公開する計画だ。 山地さんはこう言います。 トップ経営者ゴルフ場で彼に近づき、うんざりすると、彼は「幸運を祈ります」と答える。

このような変化は、日本企業の世代の変化と同時に行われた。 平均年齢 トップ経営者証券会社モネックスグループのジェスパー・コール(Jesper Koll)によると、日経株価指数に含まれる企業の株価は、過去10年間で12年減少したという。 多くの人が生涯雇用や年功序列給与などの古い習慣を超えています。 日本の若者は仕事を変えるのが好きです。 最も素晴らしく、スマートな人がますます新しい会社に加わるか、または創業しています。 ビジネスグループのKeidanrenの副会長であるNamba Tomokoは、「私たちはこれらのグループの人々に賭けなければなりません」と言います。

スタートアップ生態系は日本に比べて小さい。 GDPしかし、ますます活気があります。 米国のシンクタンクであるカーネギー国際平和基金(Carnegie Endowment for International Peace)の櫛田健司氏は「旧日本は依然として存在するが、それと並行して新しい日本が共存して成長している」と述べた。 。 スタートアップへの投資は2013年に880億円から2022年には8,770億円に増加しました。 その間、日本のベンチャーキャピタルファンドの数は4倍に増えました。

多くの日本の起業家がかつて日本で大きな成功を収めることに満足していましたが、グローバルな野心を持つ新しい創業者の階層が浮上しています。 小金融会社高調の創業主シン・テジュンは「民間部門の世界銀行」になりたい。 分散型水処理インフラを構築するWotaの創設者前田洋介は、「グローバル水危機の解決」を熱望しています。 彼は家族の建設会社を受け継ぐのではなく、自分の建設会社を建てることにしました。 「古い産業構造では、私たちが解決したい問題を解決することはできません」と彼は言います。 Astroscaleの創設者であるOkada Nobuは、宇宙空間の残骸をきれいにするための世界的な努力をリードしています。 日本には新しい「チャンピオン」が必要だと岡田さんは言います。 「私たちはまだソニーとホンダに言及しています。忘れてください。」

この新世代も企業文化の再編に取り組んでいます。 日本の若者の多くは、終身雇用、男性支配、年齢ベースの階層に基づく前後モデルから脱出したいと考えている新興日本株式会社に焦点を当てたメディアスタートアップピボットの竹下龍一氏は語る。 「変化は否定的または否定的であると考えられています。 裏切り者だ」と話した。 「しかし、私たちはピボットや変化を肯定的なものとして描写することを目指しています。」 わずか1年で、Pivo​​tは創設者、投資家、発明者とのインタビューを放送するYouTubeチャンネル登録者数が100万人を超えました。

多くの日本の経営陣と政策立案者は、日本が重要な道路に立っていることを理解しているだけでなく、 彼らはそれを最大限に活用することにしました。 「日本をよく知っている人が私に尋ねます。 今回は違うんですか?」 山地さんは言います。 「私の答えはそれができるということです。 私たちはそのようにする必要があります。」 近いうちに機会が再現されないことがあります。 太陽と違って日本の上昇機会は毎日来るのではない。

READ  日本企業は、2022会計年度に経済がCOVID-19以前の水準に回復すると見ています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours