日本経済は金融政策の変化を管理できないかもしれない

Estimated read time 1 min read

日本中央銀行である日本銀行(BOJ) グローバルヘッドライン 3月には、デフレに包まれた経済がついにゴビをめくったという長談をしました。 今問題は経済が私の役割を果たすかどうかです。

より強い経済と着実な賃金の引き上げに支えられて、BOJは表には扱いにくいデフレ圧力を反転させるための11年間の破格的な通貨緩和を終え、歴史上最も長い間進行された通貨政策実験の一つに幕を閉じました。

上田和夫BOJガバナーは、3月18日から19日までの2日間の政策委員会会議の後、これらの変更を発表しました。 中央銀行は短期金利をゼロ以下に下げるマイナス金利政策はもちろん、株式型ファンドの買収と収益率曲線管理プログラムも中断した。

このすべてが合わされ、2013年に就任した上田首相の前任者黒田春彦が建てた「バズーカポ」でした。 黒田は低いが持続可能なインフレ率を生み出すという大胆な計画を持っていた。 1990年代半ば以降、価格と賃金が時間の歪みに入ったように見えました。 彼の計画は、銀行の通貨ベースを倍増し、2年以内に2%のインフレを生み出すことでした。

現実はちょっと違いました。 現在は2%の目標が設定されているように見えますが(1%に近いかもしれません)、10年以上かかりました。 貸借対照表 その間に4.5回風船を爆破して記録を立てました。 760兆円 (4兆9千億ドル) – 日本の年間総経済生産量より大きい数値です。

ニュースは派手だったが、変化はそれほど大きくなかった。 BOJは今や10年満期の日本国債金利を0~0.5%と目標にする予定だが、これは実際の通貨緊縮というよりは「正常化」で最もよく表現される動きだ。 一般的に中央銀行が金利を引き上げる原因は過熱ですが、日本経済はせいぜい暖かいです。 グローバル基準で見ると、成長は緩やかで、経済は 近くで避ける 2023年の最後の3ヶ月間、景気後退に陥る。

しかし、政策の変化は、長年の金融政策緩和が大幅に失敗した状況で、グローバル投入物価の上昇がインフレ創出に成功したことを知らせる上で意味が深い。 最も肯定的な側面は、賃金の印象が肯定的なことでした。 ほぼ平ら 過去30年間で、今は命の痕跡を見せていました。 コロナ19時代による経済的衝撃が頻繁になって注目される労組賃金交渉「春攻勢」は2023年に3.6%上がったが、実質賃金が2年連続赤字を続けて大きな呼応を得られなかった。 連続して 2.5%低下 2023年には1990年以来最大の下落幅を記録した。

これは人々の財布に打撃を与えただけでなく、一般的に好感のある人物である岸田文夫首相の支持率を下げるのにも役立ちました。 間違った場所 間違った時間に。

これはまた、長年にわたってデフレ経済の害を非難してきた政策立案者たちに、普通の人にはあまり悪くないことを思い出させました。 賃金が停滞したにもかかわらず、物価は1990年にバブル経済の頂点でゆっくりと下落したが、これは給与が毎年少しずつ増えたことを意味します。 問題は、自分たちが貯蓄したお金で収益をほとんど得られない裕福な日本人たちにありました。

2024年の風景はさらにバラ色になった。 春会談では、次の賃金引き上げが行われました。 5.3%これは30年で最も高い数値であり、継続的なインフレに勝つのに十分ですが、一般的に約3%のインフレを抑制します。 貸借対照表の膨張から脱出口を探していたBOJは、このニュースを捉え、多くの経済学者が予想したよりも早く日本経済のための黒田の実験用豚プロジェクトを終了すると発表した。

外部から見ると、BOJの動きは、日本が今やるべき場所であることを再確認することでした。 投資の伝説Warren Buffettはしばしば初期投資をして早く署名しました。 67億ドル 2020年には日本5大貿易会社の持分を約9%まで引き上げた。 他の人々は、日本の株式をかつて過度に膨らんだ泡経済の典型であった1990年の頂点の上に飛び上がりました。

BlackRockのCEOであるLarry Finkは、3月に日本経済が転換期を迎えたようだと述べた。 「私たちは日本で太りすぎで、私たちの投資家は太りすぎが大好きです」と彼は日本に言いました。 日経 新聞彼は、より高い金利が実際に成長に役立つと信じていたと付け加えた。 「預金に対する金利が高くなると、より多くの消費が促進され、それがまさに日本に必要なものです」

しかし、国内の見通しはあまり楽観的ではない。 一部の経済学者は、この決定は経済に対する信頼とはほとんど関係がなく、実際には日本円の急激な弱さによって引き起こされたと述べています。 円安は昨年ドルに対して15%下落し、2013年に黒田首相の緩和プログラムが開始されてから50%急落しました。 これらの動きは明らかに円によって主導された。 経済は鈍化しています。 景気後退を避けることでやっと掻き集めるだけです。 電子グループ富士通のマーティン・シュルツ首席エコノミストは「緊縮する状況ではない」と話した。 市場が円の価値をさらに下げる機会を取ったにもかかわらず、金利が高いほど、通貨の価値が高くなる傾向があります。

日本経済学者たちもこのようなファンファールにもかかわらず、基準10年満期の日本国債収益率が0.8%にとどまっていると指摘する。

経済見通しへの情熱がある一方、悲観論者は特に日本の長期見通しに関して否定的なデータポイントを多く持っています。 日本は人口が0.5%減少する高齢化社会を作るのに世界をリードしている。 日本が大量移民嫌悪から抜け出しても、社会は急激に変化しなければならないだろう。

BOJの措置は、政府と政府の自由支出方式を狙った警告射撃でもあります。 黒田の通貨緩和期間中、中央銀行は政府が発行した事実上、すべての新規負債を買い入れ、日本の既に高い政府負債負担は見積もりにより高まった。 年間GDPの264%、他のどの経済レベルよりもはるかに高いです。 岸田政府は、増加する社会保険費用に追いつこうと努力しながら、今後5年間で国防費を60~100%程度大幅に増やすと約束しているため、政府の利子費用が少し高まっても新しい問題が発生する可能性があります。 ますます大きくなる中国の脅威に直面しています。

BOJ自体財政にも隠された問題がある。 から 奇妙な国のアリス マイナス金利が蔓延している世界では、BOJは商業銀行にお金を中央銀行に預け、きちんとした収益源を生み出すように請求しました。 しかし今、BOJはそのような預金に対して利子を支払うより伝統的な概念に戻り、これは収益源が費用になることを意味します。

より大きな問題は、景気浮揚政府支出が高価な状況でも脆弱な経済が成長するのを助けるとともに、BOJが莫大な保有資産から抜け出すことができる方法です。 シュルツは「経済が政府支出に依存しすぎるため難しいだろう」と話した。 「正常化の面では、これは最初のステップです。 しかし、その道はとても遠い」

READ  不足している状況でBiden、重要なサプライチェーンを強化するための行政命令に署名
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours