経済

日本経済への円急落:黒田BOJ総裁

黒田春彦日本銀行総裁。 (刑務所)

黒田春彦日本銀行総裁は、月曜日の日本通貨が23年ぶりに最低値に落ちた後、円急落は見通しに対する不確実性を高め、企業が事業計画を立てることを困難にするため、日本経済に否定的で望ましくないと述べた。 ドル。

新しい口頭警告から、Sunichi Suzuki財務上は、議会の会期で円安の「否定的な側面」がさらに現れると見ていると述べた。 しかし、彼は円の急激な下落を防ぐために外国為替市場に介入する可能性については言及を控えた。

BOJは、政府と協力して通貨市場の発展と経済と価格への影響を慎重に監視することをKorodaは言いました。

同氏は「最近の円急落は展望に対する不確実性を高め、企業が事業計画を立てることを困難にしているため、経済に否定的で望ましくない」と話した。

彼は、「円安のため、業績が改善された企業が資本支出と賃金を引き上げることが重要であり、経済にもっと多くの収入と支出のための肯定的なサイクルが現れるだろう」と付け加えた。

黒田総裁は、景気がコロナ19ファンデミック(世界的な大流行)から回復しており、商品価格上昇が経済に下方圧力を加えているため、BOJが通貨緩和を継続すると強調しました。

超低金利政策を維持するというBOJの約束は、急上昇するインフレを抑制するために金利を引き上げることで、緊縮政策に転換している米国および欧州の同僚たちと極めて明確な対照を成しています。

米国連邦準備制度(Fed)は火曜日から政策決定会議を行う予定だ。

鈴木氏は、「円が下落し、輸入コストが増加しても賃金が引き上げられる限り問題にならない」と述べた。 「しかし、今は賃金上昇率が弱いため(円安)、否定的な側面がより多く現れると見ています。」

READ  米株価は下落、主要指数は2週連続の下落情報技術売り| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close